資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

イベント業務管理者の基礎知識

イベント業務管理者とは?

イベント業務管理者資格とは、イベントの企画から開催までの総合的な運営や調整、安全管理ができる人材の育成を目的とした資格です。イベントを総合的に管理できる専門的知識と技術を問う資格認定試験で、イベントの的確な企画立案、施工・実施にいたるまでを総合的に管理できる人材の育成を図るため、平成6年に創立された試験です。
1次試験はマークシート方式で、1月下旬か2月上旬に行われます。
2次試験は、3月下旬で、博覧会、見本市・展示会、会議、文化・スポーツイベントについての筆記試験のほか、イベントの業務管理に関する総合的能力について面接試験が実施されます。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

内部管理責任者

内部管理責任者とは、金融商品取引法その他の法令諸規則等の遵守状況を管理する業務に必要となる能力を評価される資格です。日本証券業協会が運営しており、証券会社などの業界に高い需要がある資格となっています。

管理印刷営業士

管理印刷営業士とは、印刷業界で印刷営業の管理・監督者として知識と技能を有することを認定する資格です。 印刷営業士の上位資格であり、印刷営業士の資格取得後5年間の実務経験を経て管理印刷営業士の受験資格が得られます。 試験内容は、管理知識試験と管理技能試験があります。最新の印刷業界の知識だけではなくマーケティングや売上などの実績管理、部下の指導など幅広い分野か...

企業人事調査士

企業人事調査士は、 調査、探偵業務の専門家で、主な仕事内容は、調査、探偵業務代行、人事調査、情報提供からマネージメントサービス、企業調査、分析など案件によって幅広いです。  企業人事調査士を取得するには、日本企業人事調査局が実施する通信教育講座を受講し、認定試験に合格することが必要です。その他、書類審査により、認定する制度もあります。