資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

職業紹介責任者の基礎知識

職業紹介責任者とは?

職業紹介責任者とは、人材紹介業などで職業紹介サービスの管理統括を担当する責任者です。職業紹介責任者になるためには、指定する講習を受講する必要があり、職業紹介に関し誠実な対応と個人情報の適切な管理を求められます。

仕事について

職業紹介責任者のメリットはなんといっても、転職希望者の方々の求職に対してお手伝いをするという点で、非常にやりがいを感じることができるということです。さらに言うと、特に最近の日本ではとても需要があり、多くの方面で必要とされています。職業紹介業を営む企業では、最低一人の職業紹介責任者をおかなければならないという決まりもあり、ニーズの多い役割です。責任者になるためには、講習会に参加することが必要ですが、なによりも大切なのが、求職者の方々に対して誠実に対応する姿勢です。その姿勢ある人なら、とても向いていると言えるでしょう。興味のある方、自分に向いていると感じた方は是非1度調べてみてはいかがでしょうか。

年収について

職業紹介責任者は現代において非常に大きな役割を担っています。
この職業は、人々に様々な職業を紹介し、暮らしを豊かにしていくことを最大の使命としている重要な仕事なのです。
日本の問題点として新卒一括採用が挙げられます。希望の職に就けなかったとしても生活のためには妥協せざるを得ないのです。そこで就職できない若者たちは定職に就けず、結婚もしたいこともできずに生活しなければなりません。
この深刻な問題を少しでも改善していくためにも職業紹介責任者は個人の希望に合わせた対応や、職場環境の分析を常に行い、アドバイスしていく必要があるのです。この職業紹介責任者になるには様々な制約があり、過去5年以内に講習を受けた事ある等、そうした制約を満たさなくてはなりません。この職に就くと、資格給なるべきものがあり、一般の給料より少し高めに設定されます。

難易度と試験対策

職業紹介責任者の資格は試験を主催する公益社団法人が定める通信教育と集合教育を受講し、認定試験を受けて合格すると取得できます。資格取得の流れとしては受験申し込みを行うと通信教育資料が送られてくるので在宅学習を行い課題を提出します。そして受験票を持参して集合教育を受講し認定試験を受けて合格すると資格認定書を受け取り資格取得となります。試験日程は年2回で合格率は非公開のため不明ですがほとんどの方が合格することが多いです。試験対策としては通信教育資料の内容を良く理解すること、集合教育で重要な部分を教えてくれるのできちんと把握しておくことです。受講内容を理解しておけば特に問題集を購入したりしなくても十分合格することができます。

問い合わせ
厚生労働省

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

内部管理責任者

内部管理責任者とは、金融商品取引法その他の法令諸規則等の遵守状況を管理する業務に必要となる能力を評価される資格です。日本証券業協会が運営しており、証券会社などの業界に高い需要がある資格となっています。

企業人事調査士

企業人事調査士は、 調査、探偵業務の専門家で、主な仕事内容は、調査、探偵業務代行、人事調査、情報提供からマネージメントサービス、企業調査、分析など案件によって幅広いです。  企業人事調査士を取得するには、日本企業人事調査局が実施する通信教育講座を受講し、認定試験に合格することが必要です。その他、書類審査により、認定する制度もあります。

イベント検定

企業や中央官庁、自治体などでイベントの発注業務や管理・調整等を行うためには、イベント専門家としての実務経験はなくとも的確なオリエンテーションを行って、より適切で効果的なイベントを実施する「イベントについての体系的な基礎知識」を持つ人材が必要です。イベント検定は、こうした人材の養成を目的として、平成9年に創立されました。 受験資格は、受験年度に満18歳以上で、...

参考書籍

  • 人材紹介ビジネス大全~人材紹介事業総合解説~
  • 人材紹介事業検査マニュアル