資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

ビジネス文書検定の基礎知識

ビジネス文書検定とは?

ビジネス文書検定とは、その名の通りビジネスで取り交わされる報告書、礼状から電子メールなどの文書の作成に必要な知識や技能を評価される資格です。業種を選ばない資格でどの職種でも高いニーズのある資格となっています。

仕事について

ビジネス文書検定とは、その名の通りビジネスに使用する文書の正しい作成方法を評価するものです。内容としては表記技能、表現技能、実務技能が試験科目となっており、1級から3級に分かれています。3級の合格率は8割を超えており、就職を控えた学生には特に人気で、就職活動のときに事務方面で有利になるメリットがあります。事務系とはいえどんな職種でも社外・社内に向けた書類作成は必須事項です。書類を提出しなくてはならなくなった時、それが特に社外宛てだったとき、誰に見られても恥ずかしくない書類を作ることが必要になります。この検定に合格でき、相応の学習内容が身についたなら、書類作成の時に周りより一歩進んだものが作れます。現代社会ではビジネスに日常的にPCを扱うからこそ、身に着けておきたいスキルの一つです。

年収について

ビジネス文書を書く事ができるというアピールとして役に立つのがビジネス文書検定の資格です。ビジネス文書検定の資格があれば、企業に対してアピールする事ができ、ビジネスの電子メールなどでやり取りが出来るという事の証明になります。ビジネスマンはビジネス文書の作成が必須であり、年収は多種多様ですが、ビジネス文書の専門家の収入は多く、平均年収は330万円前後です。メリットは仕事の種類にかかわらず資格を活用する事ができるという点で、どんな仕事に就いても役に立つので取得しても使わないという事がありません。ビジネス文書の作成能力はどんな企業でも求められるので、あらゆる企業で役立ちます。どんな企業でも作成の機会があります。

難易度と試験対策

ビジネス文書検定は3級から1級まであり誰でも受験でき試験日は年2回7月と12月にあります。3級と2級または2級と1級は併用して受験できますから同じ日に試験が受けられます。試験対策は3級の合格率は85%以上ありますから基本的な文章が作成できれば合格できます。2級の合格率は60%前後で単独の文章が作成できることが大事になってきますのでテキストで知識をよく理解しておき文章の技能を繰り返し復習する必要があります。
1級になると合格率も25%前後と低くなりますから文章の作成は何度も練習しておくようにします。1級を取得できると指導できるレベルにまでなれます。会社で恥ずかしくない文章を書くにはビジネス文書検定を受けて高度な知識を付けておくと評価されます。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

経営監査士

経営監査士は、企業内の経営管理組織、業務管理組織などの経営監査に関する専門家です。 受講資格は、次のいずれかの者です □協会会員で25歳以上の者(一般登録) ※25歳未満の者は経営監査士補となる □公認会計士、税理士、中小企業診断士等の有資格者、または10年以上の実務経験者 □企業の企画、総務、監査、経理等の部門で、経営鑑査に従事している者

経営アカデミーマスター

経営アカデミー・マスターは、社会経済生産性本部が経営管理の最先端の研究と教育を産業人に行っていてその修了者に与えられる称号です。 経営理論と実際を週1日、1年間の研修で徹底的に学びます。コースの全課程を修了すると、経営アカデミー・マスターの認定資格(称号)を授与されます。

ビジネス実務マナー検定

社会人として一般常識を求められる様に、社会生活営む際、ビジネスを行う上で、常に求められるものがビジネスマナーです。事務、営業、販売、企画…他、関わる業種がどんなスタイルであれ企業理念に基づいたビジネスマナーを有している事が大切です。ビジネス実務マナー検定では、このような社会人としての必要なビジネスマナーがきちんと身についているかどうかが問われます。企業理念...

参考書籍

  • ビジネス文書検定受験ガイド3級―礼状からEメールまで
  • ビジネス文書検定受験ガイド1・2級―礼状からEメールまで
  • ビジネス文書検定実問題集1・2級(第47回~第51回)