資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

CFM(米国公認経営管理士)の基礎知識

CFM(米国公認経営管理士)とは?

CFM(米国公認経営管理士)とは、Certified Financial Managerの略で、アメリカのIMAが(米国管理会計士協会)が認定する、経営・マネジメントに関する国際資格である。会計・財務関連の米国資格であるCFM(Certified in Financial Management)と比較した場合、企業の経理、財務、経営企画といった部門で情報を管理し、経営者や担当役員に対して報告を行うという点では同じだが、財務担当者として、株式や社債の発行、M&A(企業の合併、買収)など、資金調達面に大きく関わるという点が異なる。IMAへ入会、登録後、ICMAへ申し込む。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

経営監査士

経営監査士は、企業内の経営管理組織、業務管理組織などの経営監査に関する専門家です。 受講資格は、次のいずれかの者です □協会会員で25歳以上の者(一般登録) ※25歳未満の者は経営監査士補となる □公認会計士、税理士、中小企業診断士等の有資格者、または10年以上の実務経験者 □企業の企画、総務、監査、経理等の部門で、経営鑑査に従事している者

DCプランナー認定試験

DCプランナーとは、日本商工会議所と金融財政事情研究会の共催による認定試験に合格し、日本商工会議所に登録することで与えられる認定資格であり、年金制度の普及や運営・管理を行う実務家としての役割が期待されている。1級と2級の2段階に分かれているが、試験には1級~3級がある。DCプランナー(企業年金総合プランナー)と表記される。

経営士

経営士とは日本経営士会の正会員として、必要な高度の専門知識やコンサルティングスキル、適正などを証明する資格です。 大学卒レベルの知識と、経営管理の実務経験7年以上を有することが受験資格となっています。

参考書籍

  • Cma/Cfm Review: Management Reporting, Analysis and Behavioral Issues
  • Cma/Cfm Review: Management Reporting, Analysis and Behavioral Issues
  • Cma/Cfm Review: Management Reporting , Analysis and Behavioral Issues