資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

販売士検定の基礎知識

販売士検定とは?

販売士検定とは、日本商工会議所が運営を行う検定で、大規模小売店の販売員や売場責任者や店長クラスの人、一般小売店の店長や従業員、製造業、サービス業、卸売業の販売担当者など、流通業界で働いている人に役立つ資格です。これまでに約70万人の人が(1級~3級の合計)販売士検定を保有しています。

仕事について

販売士検定のメリットは、自分自身が販売のプロとしての意識が高くなる検定です。検定には、一級から三級まであり、三級は、スーパーなどの売場で考えると、販売員のレベルで、二級は、管理者のレベルで、一級は、店長や経営者のレベルです。どの検定もキャリアアップには、とても有効になります。役に立つ職業は、個人の経営者や、スーパーや、デパートや、サービス業など色々あります。販売士検定は、接客に関する知識や、店舗の管理者としての能力や、店舗経営が身につきます。接客の仕事をされる方は、接客の基礎を改めて見直す事もでき、自分をスキルアップさせ、
売場の活気がある雰囲気作りが出来るようになます。結果、お客様が集まるお店につながる検定です。

年収について

販売士検定とは、日本商工会議所が行っている公的な検定試験のことであり、年々受験者の数が増加しています。中でも2級と3級は学生の受験者が増えており、将来の活躍が期待されています。近代では、顧客のニーズの多様化に合わせてその人に合った商品を提供することが大変重要になってきています。現代では、家族の形の多様化により、収入にもかなりのばらつきが見られるようになっているので、価格をしっかり把握した上で商品を勧めることが重要です。販売士検定では、そのような多様化したニーズに合わせることができる人材の育成を目指しています。また、販売士の資格があれば、そうでない場合と比べて20万円も1年間あたりの手取りが高いというデータもあります。小売り、流通などに知識があるのでそのような収入増加に繋がっているようです。

難易度と試験対策

ネットでオンライン通販の店が増えてきてるため販売士検定は注目されています。受験資格は誰でもできるため制限なく取得できます。それぞれ1級から3級まである資格で試験は3級が2月と7月の2回。2級が10月。1級が2月です。商工会議所が行っている資格のため試験対策としてのテキストは多く出ていますし通信教育でも学べます。合格率は2級と3級は50%前後で1級は25%前後になります。小売店の基礎を学び経営戦略についての基礎もしっかりできますからネットで店を持つようになったら資格は取得しておくと良いです。2級までなら販売に関する基礎部分が多く1級は財務や経営に関するものが出ますから販売士として本格的な分野を勉強することになります。テキストや通信教育で学習していけば取得できます。

問い合わせ
日本商工会議所

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

経営監査士

経営監査士は、企業内の経営管理組織、業務管理組織などの経営監査に関する専門家です。 受講資格は、次のいずれかの者です □協会会員で25歳以上の者(一般登録) ※25歳未満の者は経営監査士補となる □公認会計士、税理士、中小企業診断士等の有資格者、または10年以上の実務経験者 □企業の企画、総務、監査、経理等の部門で、経営鑑査に従事している者

印刷営業士

印刷営業士とは印刷業界における営業マンの業務に必要なスキルや知識を習得していることを認定する資格です。印刷営業士の上の資格として管理印刷営業士という資格も設けられています。この印刷営業士の対象者は経験が2年以上ある営業マンです。管理印刷営業士の対象では経験5年以上の印刷営業マンになります。

ホワイトカラー職務能力評価試験

ホワイトカラー職務能力評価試験とは、ホワイトカラー職種に従事する管理者、リーダー層の職務遂行能力を評価する試験です。ビジネス・キャリア・マスター試験とも呼ばれ、ビジネス・キャリア試験の上級レベルとして実施されています。試験は人事部門や労務部門など部門単位で行われ、広範囲な知識が問われます。

参考書籍

  • 販売士教科書 販売士3級 一発合格テキスト 問題集
  • 販売士検定2級問題集 Part1 平成25年度版
  • 販売士教科書 販売士2級 一発合格テキスト 問題集