資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

経営管理士の基礎知識

経営管理士とは?

経営管理士とは一般財団法人である日本経営管理協会が運営している資格のことを指しており、約2万2千人の方が資格を保有しています。建物の管理業務の専門家になるための資格であり、不動産業界では必須ですが起業した際経営を行ううえでも非常に役立ちます。


仕事について

経営管理士の経営にかかわるで資格を試験により取得していると、会社の経営にかかわる仕事にとても役に立ちます。また、資格により、企業から求められる人材として重宝されるので、資格をとることはとてもよいことです。経営をかんりする専門家として専門性の非常に高い仕事で、仕事をこなすことができ、会社のあり方に積極的にかかわっていく仕事ができるメリットがあります。特に経理や財務、また現場の仕事の仕方などトータルに渡って仕事を形成できる魅力があります。経営管理しとして多くの株主や投資家から期待と注目をされるとても人気のある資格で、さまざまな業界の会社から四角を有した人材を求める声があるのでかなり重要視されています。

年収について

ビル経営管理士という資格をご存じでしょうか。ビル経営管理士というのは賃貸ビルの運営、企画、管理の資格をもつ、ビル賃貸経営のエキスパートのことをいいます。賃貸ビルにはたくさんの企業がはいっており、入居者もいるため、不動産経営や、ビル管理に必要とされる営業、運営、そして金融面からみての知識もたいへん重要な知識です。ビル経営管理の資格をもっているかたの年収は平均すると500万から600万で、その差は賃貸ビルの入居率の状況によって変わってくるというのが大きいところです。なので入居率をあげて賃貸ビルの規模拡大をすることにより収入は増えていくということになります。この資格のほかに不動産鑑定士の資格もとるとさらに有利です。

難易度と試験対策

経営管理士の試験対策についてご紹介します。

最も良い方法と思われるのは大学や院に通いながら資格の勉強とセットで学習を深めることでしょう。

しかし働きながらこの資格を取得する方にはそのような方法は無理かと思います。

そんな方におすすめなのが通信教育と独学です。

現在はネットの普及によって環境さえ整えばどこでも学習することができます。

通信教育は時間、手間、移動コストなどの無駄を省くという点で有効でしょう。

続いて独学ですが、この場合は自分が選んだテキストを暗記するくらい徹底的にやり込みましょう。

そして難しい項目が出てきたときには、とりあえず何度か度学習してみてどうしてもわからなければ、その項目は飛ばすのも一つの手だと思います。ただし、基本はしっかり覚えましょう。

問い合わせ
日本経営管理協会

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

経営コンサルタント

企業全般の経営診断を行ない、経営の改善、指導などに当たるための幅広い知識・スキルが必要です。 (財)社会経済生産性本部が実施する当該カリキュラムを修了し、認定資格試験に合格すると得られます。

経営監査士

経営監査士は、企業内の経営管理組織、業務管理組織などの経営監査に関する専門家です。 受講資格は、次のいずれかの者です □協会会員で25歳以上の者(一般登録) ※25歳未満の者は経営監査士補となる □公認会計士、税理士、中小企業診断士等の有資格者、または10年以上の実務経験者 □企業の企画、総務、監査、経理等の部門で、経営鑑査に従事している者

ビジネス実務士

企業の組織構造や経営資源としての人・物・金・情報について理解をふかめるとともに、情報収集・活用、企画立案、文書作成など、ビジネス活動に必要とされるさまざまな知識・技術を習得し、経済社会で即戦力となれるビジネスのプロフェッショナル。全国大学実務教育協会に加盟する大学・短大で学んだ人だけが得られる資格です。