資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

プレゼンテーション実務士の基礎知識

プレゼンテーション実務士とは?

プレゼンテーション実務士は、レゼンテーションの技法を理解し、身体表現を含むさまざまな表現やOHPどの情報機器ツールを使いこなして効果的なプレゼンテーションができることを認定する資格です。
あらゆる業種においてプレゼンテーションの技術は必要なため、そのニーズは高いです。就職活動や転職の際もプレゼンの技術が大いに役立つでしょう。
プレゼンテーション作成検定2級以上と組み合わせれば、プレゼン能力のスキルの高さをアピールできます。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

経営管理士

経営管理士とは一般財団法人である日本経営管理協会が運営している資格のことを指しており、約2万2千人の方が資格を保有しています。建物の管理業務の専門家になるための資格であり、不動産業界では必須ですが起業した際経営を行ううえでも非常に役立ちます。

ビジネス能力検定ジョブパス

(旧)ビジネス能力検定(B検)で学ぶ内容と2013年度に新基準「ジョブパス」による改定が行われ新たな「ジョブパス」で身に付ける内容が一つになったのが「ビジネス能力検定ジョブパス」です。 一般財団法人 職業教育・キャリア教育財団が行う民間資格です。 内容は、業種・業界を問わずに仕事に必要な基本的な内容である8つの意識(顧客、品質、納期...

経営総合診断士

経営総合診断士は、日本経営情報協会が主催しています。企業の経営状態を診断し、分析・指導していくプロフェッショナルとして認定する資格です。 中小企業だけではなく、さまざまな企業の経営を総合的に診断していきます。 その課題の範囲は、経営戦略、財務、マーケティング、人事・組織、運営管理、経営法務、新規事業開発などといった 広範囲に及んでいます。その活躍が大いに期...