資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

プレゼンテーション実務士の基礎知識

プレゼンテーション実務士とは?

プレゼンテーション実務士は、レゼンテーションの技法を理解し、身体表現を含むさまざまな表現やOHPどの情報機器ツールを使いこなして効果的なプレゼンテーションができることを認定する資格です。
あらゆる業種においてプレゼンテーションの技術は必要なため、そのニーズは高いです。就職活動や転職の際もプレゼンの技術が大いに役立つでしょう。
プレゼンテーション作成検定2級以上と組み合わせれば、プレゼン能力のスキルの高さをアピールできます。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

経営診断士

経営診断士とはなにかについてはまず経営診断士とは、企業コンサルタントや探偵調査士として商標登録違反、身元調査や尾行までを行い、この情報社会をリードする調査業務のプロフェッショナルの事を指します。様々なクライアントを有します。

経営士

経営士とは日本経営士会の正会員として、必要な高度の専門知識やコンサルティングスキル、適正などを証明する資格です。 大学卒レベルの知識と、経営管理の実務経験7年以上を有することが受験資格となっています。

経営監査士

経営監査士は、企業内の経営管理組織、業務管理組織などの経営監査に関する専門家です。 受講資格は、次のいずれかの者です □協会会員で25歳以上の者(一般登録) ※25歳未満の者は経営監査士補となる □公認会計士、税理士、中小企業診断士等の有資格者、または10年以上の実務経験者 □企業の企画、総務、監査、経理等の部門で、経営鑑査に従事している者