資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

建設業経理事務士の基礎知識

建設業経理事務士とは?

建設業経理事務士とは一般財団法人である建設業振興基金が運営している資格のことを指しています。難易度に応じて1級から4級まであり合格者数は全部で74万人程度います。建設業で働く方にとって経理に関する知識や処理能力の向上をはかるための資格であり、他の業種でも経理を行う上で非常に役立ちます。

仕事について

建設業経理事務士とは、建設業経理士検定の試験に合格した人に与えられる資格です。資格には1級から4級までがあり、1級と2級の合格者は建設業経理士、3級と4級の合格者は建設業経理事務士と呼ばれます。資格試験では、主に建設業に関わる簿記や原価計算に関する知識や、会計学のスキルなどを問われます。建設業界には業界特有の経理知識が必要となってくるため、この資格を取得することで建設業における事務処理や経理実務の能力が向上し、経営の合理化を図ることができるというメリットがあります。また、資格を保持していることが建設業界における経理の実務に必要となる知識を保持していることの証明になるため、建設会社で事務の仕事の求人があった場合には、この資格を持っていることは応募者にとっては大きなアポールポイントになります。

年収について

建設業の会計処理にはその業界特有の会計処理ルールがあり、建設業経理事務士といった資格があります。この資格を持つ社員が会計処理を行うという事でその会社の信用度が向上することから、建設業者の経営状況を判断する経営状況審査においても加点事項とされます。よって会社としてもこの資格の合格者を雇用し事務処理を担当させる事で会社の点数アップにつながることから、会社が資格取得を支援し費用を負担するなどして資格取得を推奨するとともに資格保有者には資格手当を支給し、その重要度を示しています。
この資格手当は月額で1,500円から5,000円とばらつきはありますが、支給する会社が多く資格保有者の収入アップにつながっています。

難易度と試験対策

建設業経理検定試験は1級から4級に分けられており、このうち3・4級が建設業経理事務士試験です。なお、1級・2級は建設業経理士試験です。
建設業経理事務士試験は、毎年3月に実施されます。
スケジュールは、11月中旬から末日までが受験申込期間、翌年3月上旬に試験実施、5月中旬に合格発表となります。
平成25年度の合格率は3級で62.3%、4級で75.3%です。
内容は、3級は建設業簿記・建設業原価計算、4級は建設業簿記です。
試験対策として、建設業特有の勘定科目を覚えることが重要です。
これらの勘定科目は名称が異なるだけで、商業簿記や工業簿記の勘定科目とほぼ同じ意味のものも多数あります。
そのため、まずは基本的な商業簿記や工業簿記を理解してから、建設業特有の勘定科目を勉強すると良いでしょう。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

計算実務能力検定(全経)

計算実務能力検定は、帳票計算と商業計算を出題範囲とし、帳票計算では現金出納帳・売上帳・精算表等の作成、入出金伝票の計算等を出題します。 商業計算では割合・比率・利息計算・福利計算・年金計算等の出題とし、経理担当者にとっては重要な技術である計算実務の能力を問う検定です。 経理担当者必須の資格として、身につけておきたい能力のひとつです。1級の全問正解者には満点...

日商簿記検定

日商簿記検定とは、帳簿をつける際に必要な簿記の資格のことです。商工会議所が主催しており、毎年1級から4級までで10万人以上の人が受験しています。日商簿記検定をとることで、帳簿付けや工場での原価計算について理解していると企業から判断されるため、経理の仕事の就職に強くなります。

暗算検定試験(全珠連)

全珠連暗算検定は、全国珠算教育連盟主催の暗算能力を判定する試験です。記憶力や集中力といった能力をきたえることができ、企業での業務や日常生活での買い物などに役立ちます。また、簿記や会計の資格取得のも焼く出します。

参考書籍

  • サクッとうかる3級建設業経理事務士テキスト
  • スッキリわかる 建設業経理士2級 2013年度 (スッキリわかるシリーズ)
  • 建設業経理士2級まるごと過去問題集〈2013年度版〉 (ダイエックス出版の完全シリーズ)