資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

GCDFの基礎知識

GCDFとは?

GCDFとは、キャリアカウンセラー養成プログラムのことで、キャリアカウンセラーとして必要な能力の基礎を評価されます。キャリアカウンセリング協会が中心に運営を行っており、大手企業を中心に需要の高い資格です。

仕事について

GCDFのとは、キャリアカウンセラーの略語で、元々アメリカから渡来した資格です。人が職業に就いたとき様々な問題に直面します。その問題をカウンセリングにあたる方が所有している資格です。近年日本でもこの資格が重要視されるようになり、この資格が「キャリアコンサルタント」という国家資格として制定されるようになったのです。この前段階の資格としてGCDF-japanという資格がありまして、標準レベルキャリアコンサルタントとされています。現代の日本において、様々な労働問題が深刻化する中で、このような資格保持者の需要が伸ています。このような資格を取得すると、ハローワークもしくは、人材派遣等の人材サービス関連企業への就職が開けます。以上がこの資格のメリットです。

年収について

"GCDFとは、米国でキャリアサービスをする人に開発された資格で、キャリアカウンセラーを目指す人の基礎的な資格です。受験資格は、学歴に応じ人事、労務、就職相談や教育研修など実務経験が必要です。高卒は4年、短大卒は3年、大卒は2年です。GCDFの収入は、企業にもよりますが、年収は350万円から550万円です。給与には、経験の有無も関わってきます。未経験だと350万円ほどです。月額での給与は20万円ぐらいで、経験がある人ベテランの人は月額30万円以上となってきます。給与には、やはり、経験や経歴などがとても関わってきます。がんばり次第では、仕事内容によって給与アップする会社もあります。収入を増やしたいのであれば、これらのことが重要です。"

難易度と試験対策

GCDFの資格は12日間のトレーニングプログラムの受講と筆記および実技試験の合格により得ることができます。資格取得の流れとしてインターネット上で申し込みを行い、指定された日程、会場にてトレーニングプログラムを受講します。その後試験を受けて合格すると資格審査を受けます。審査に合格すると登録手続を行い資格取得となります。試験日程は東京で年6回、大阪で年3回、福岡で年1回開催されており、合格率は約50%です。試験対策としては受講内容をよく把握して試験に出る重要なポイントを理解しておくことと、市販の問題集を解いて出題傾向を把握しておくことです。また、この資格は受験資格制限があるため試験を受ける方は注意が必要です。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

コンプライアンス・オフィサー認定試験

認定コンプライアンス・オフィサー試験とは、企業の実務上の、倫理観や社会的常識、法令等に関する専門家として幅広い知識・経験を認定する資格です。 合格率は、企業経営と企業倫理:57%、コーポレート・ガバナンスと内部統制:49%、企業法務・コンプライアンスの基礎:41%ほど。 就職は金融に限らず、様々な業界の方に受験いただいています。また、財務というより法務の専門家...

シックス・シグマ

シックス・シグマとは、品質管理手法あるいは経営手法の一つです。大手の電機メーカーが社内でこの知識を研究開発しているのが有名です。統計分析手法など用いて製品製造工程などの分析を行い、原因の特定をして不良率の引き下げや顧客満足度の向上などを目指しています。これがあれば工場の管理部門での査定が有利です。

アクチュアリー

アクチュアリーとは簡単に言えば、金融・経済における将来のリスクを、統計・数理を扱い測定する専門家のこと。企業や人の将来に起こるであろうリスクを回避する、または軽減するためのアドバイザーです。現在、日本アクチュアリー会が行う資格試験に合格、正会員として活躍している会員は4000名以上にのぼります。