資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

秘書技能検定の基礎知識

秘書技能検定とは?

秘書技能検定とは、秘書をやる上での必須の試験ですが、言葉遣いや態度、気配り等の人に対しての接し方を勉強出来る物なので、秘書になりたい人だけが取る資格ではありません。美しい言葉遣いや上手な気配りを習得したい方にもうってつけの資格になります。

仕事について

秘書技能検定という検定があります。難しいように思えますが、技能取得は比較的簡単で、検定の合格率も高いです。学生で、就職活動をしながら、忙しい中でも頑張れば受けられるので、当然就職にも有利になります。また、仕事の片手間でも勉強しやすいので、現在の仕事から転職を考えている人にも検定合格は、良い条件になります。また、基本動作等、今まで気付かなかったことを勉強できるので、自分自身を磨く上でもとても良いメリットになります。就活、転職等考えていない人でも、いま現在の仕事の更なるスキルアップを狙う意味でも興味深く学べる技能検定です。当然、今は秘書とは言っても男女問われないで、要望があります。男女どちらでも、受けられる検定です。

年収について

秘書技能検定は、社長や議員のそばにずっといてスケジュールの管理だったり、取引先の人との交渉、付き人として万能な人物を発掘する検定です。この試験に受かれば、大企業のトップの人間のもとで働くこととなり、身の回りのお世話をすることになります。自分たちの仕事に対してかなりの責任を負うことになるので、いつも真剣に、臨機応変に対応できるような能力も身につけることが自然と求められます。このプレッシャーに耐えられるような人材でないとこの職業は務まりませんが、もし就くことができたのなら収入面では苦労しないでしょう。全国の秘書の平均収入額は500万円となっています。これはあくまで平均なので、雇用形態によっては少々変わりますが、お給料としては申し分ないと思うので是非とも秘書技能検定にチャレンジしてみてください。

難易度と試験対策

秘書技能検定とは、秘書として必要なマナーや対応をみる検定試験です。級は、上位から1級・準1級・2級・3級に分かれ、1級・準1級は2次試験として面接があります。準1級までは選択式・一部記述ですが、1級はすべて記述問題です。秘書検定の試験対策として、過去問題を反復して解くことが必要です。適切なマナーや対応に流行はなく、ほぼ不変と言っても良いものです。そのため、新しく出題される問題も、過去に出題された問題と似たような傾向にあります。秘書技能検定では、態度などの資質や職務知識、一般知識をみる理論問題と、マナーや接遇、グラフや葉書の書き方などの技能をみる実技問題の2種類に問題が分けられており、どちらも6割以上正解がないと合格できません。ヤマを張らずに、まんべんなく覚えることが重要です。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

アクチュアリー

アクチュアリーとは簡単に言えば、金融・経済における将来のリスクを、統計・数理を扱い測定する専門家のこと。企業や人の将来に起こるであろうリスクを回避する、または軽減するためのアドバイザーです。現在、日本アクチュアリー会が行う資格試験に合格、正会員として活躍している会員は4000名以上にのぼります。

GCDF

GCDFとは、キャリアカウンセラー養成プログラムのことで、キャリアカウンセラーとして必要な能力の基礎を評価されます。キャリアカウンセリング協会が中心に運営を行っており、大手企業を中心に需要の高い資格です。

ネーミングライター

いい名前をつけると、印税方式で毎月数30万円の収入を得る凄腕ネーミングライターも存在します。最近では、各企業もネーミングや商標の重要性に気がつき始め、社内にネーミングライターを育成しています。それは、ネーミングが、商品開発と同じぐらい、売り上げを左右する重要な要素であることが、知られているからです。ネーミングを考えだす「ネーミング創作技法」も習得可能!しか...

参考書籍

  • [最新版] 出る順問題集 秘書検定2級に面白いほど受かる本
  • 秘書検定集中講義 2級
  • 秘書検定クイックマスター2級