資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

シックス・シグマの基礎知識

シックス・シグマとは?

シックス・シグマとは、品質管理手法あるいは経営手法の一つです。大手の電機メーカーが社内でこの知識を研究開発しているのが有名です。統計分析手法など用いて製品製造工程などの分析を行い、原因の特定をして不良率の引き下げや顧客満足度の向上などを目指しています。これがあれば工場の管理部門での査定が有利です。

仕事について

シックス・シグマは品質管理の手法の一つで、ブラックベルトという資格を所持した資格者が中止となって行います。専門の教育機関によって認定されるのですが、シックス・シグマは工場や店舗や病院での効率を改善したりするノウハウであり、資格取得で効率改善のプロとなれるメリットがあり、グリーンベルトからブラックベルト、ブラックベルト、プラチナベルトとグレードがたくさんあります。ブラックベルトであれば一人で実践できるというメリットがあり、就職活動時に非常に強い有利になります。統計学の問題が多く、きちんと勉強しておく必要があります。就業経験が必要な資格であり、受験資格はかなり厳しいのですが、取得すれば強い武器になります。

年収について

シックス・シグマの資格取得者の収入は、経験やグレードによっても異なりますが、スタッフクラス年収600万円~マネージャークラスでは、1000万円~になっています。シックス・シグマは品質管理・経営手法のひとつで世界中の企業で導入されている手法です。この資格を取得すれば、この手法の知識と実践ノウハウを習得していることを証明できるので、品質・効率改善のプロとして活躍できる場が広がります。難易度で3つのグレードがあるので、より上位のグレードを取得できれば、日本国内でけではなく海外での勤務も可能になります。日本国内よりも、海外の企業での方が重視される資格なので、外資系企業や海外で働きたい人は取得すると選考で有利になります。

難易度と試験対策

シックス・シグマとは、顧客満足を目的として、製品やサービスの質のばらつきを極力なくすように、業務のプロセスを改善するための、体系だった改革の手法です。
さて、試験対策についてです。まず試験は日本では行われていません。アメリカ品質保証協会が認定した人に与えられます。日本では、シックス・シグマ専門のコンサル会社の主催する研修などに一定の期間通い、コンサル会社独自の認定を受けることができます。試験では参考書の持ち込みができるため、暗記が必要なことは多くありません。しかし、試験内容の半分程度が統計学に関する問題ですので、統計学についてかなり勉強する必要があります。なお、英語での試験ですので、英語ができることが最低条件です

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

コンプライアンス・オフィサー認定試験

認定コンプライアンス・オフィサー試験とは、企業の実務上の、倫理観や社会的常識、法令等に関する専門家として幅広い知識・経験を認定する資格です。 合格率は、企業経営と企業倫理:57%、コーポレート・ガバナンスと内部統制:49%、企業法務・コンプライアンスの基礎:41%ほど。 就職は金融に限らず、様々な業界の方に受験いただいています。また、財務というより法務の専門家...

GCDF

GCDFとは、キャリアカウンセラー養成プログラムのことで、キャリアカウンセラーとして必要な能力の基礎を評価されます。キャリアカウンセリング協会が中心に運営を行っており、大手企業を中心に需要の高い資格です。

国際航空貨物取扱士

国際航空貨物取扱士とは、航空貨物輸送状の作成や、輸送スケジュールの作成、運賃などの計算など、国際航空貨物に関するスペシャリストの事を言います。国際資格でもある国際航空貨物取扱士(IATA/FIATAディプロマ)資格取得が必須となります。この資格は、航空貨物輸送に関する専門知識や技能を証明するものです。IATA国際航空運送協会と、FIATA国際貨物輸送業者協会連合会が実施する国...

参考書籍

  • 図解 コレならわかるシックスシグマ
  • 【図解】リーンシックスシグマ
  • シックスシグマ