資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

健康運動実践指導者の基礎知識

健康運動実践指導者とは?

健康運動実践指導者とは、老若男女誰でも問わず実用可能な安全かつ効果的な運動方法を提案・実践するエキスパート。運動を通じて国民の健康的水準を維持する事を目的とし、高齢化社会における重要な資格です。健康・体力づくり事業財団が養成・認定を行っており、地域密着活動が多く、資格保持者は全国で2万人以上です。

仕事について

彼らまたは彼女たちの熱意に応え、日々互いに健康増進を図ることができます。人々の健康をサポートしつつ自分の健康も維持することができ、一石二鳥です。二つ目のメリットは、この資格は比較的男女を問わず、広い年代に需要があることです。働く場もスポーツセンターから公民館まで様々で、健康的なダイエットや運動による健康向上が注目されている今日、活躍が期待される仕事です。

年収について

この資格を取得し、就職先はどんなところがあるのかというと、おもには病院、老人福祉介護施設、保健センター、ケアハウス、保健福祉施設、アスレチック、フィットネスクラブ、医療センター、スポーツセンター、また、学校や企業の健康管理部門などさまざまな場所で需要があります。収入は、通常の給料に資格手当が1,2万つくというふうで、平均年収400万円~500万円というところです。

難易度と試験対策

健康運動実践指導者の試験は実技試験と筆記試験があります。実技試験ではダンス、水泳、ジョギングもしくはウォーキングの中から1つ選択して行います。筆記試験は5者択一のマークシート方式で行います。資格取得の流れとしては、インターネットで試験予約を行い、試験表を印刷して指定された会場で試験を行います。合格したら登録手続を行い資格取得となります。試験日程ですが試験を運営している財団法人が指定した約6週間の中で希望する日を選ぶ形をとっており、予約制のため予約が遅れると日程が制限されてしまうので注意が必要です。合格率は約80%です。試験対策ですが、市販されている問題集を使用して勉強すれば十分対策できます。しかしこの資格は受験資格に制限があるため試験を受ける際には注意する必要があります。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

キャンプ・インストラクター

総合的な自然体験活動「キャンプ」を支援するのが指導者の役割。 自分で楽しむだけとは違って、参加者の命を預かる大切な責任があり、キャンプの理論(野外教育の考え方、社会背景、歴史など)や生活技術、安全管理やカウンセリング、マネジメントなど学習する内容は、役割に応じて大変幅広い。

JSCAインストラクター

スポーツクラブ等における運動指導者として総合的な専門知識をもち、担当する専門部門の企画及び指導に当るとともに、スポーツクラブの普及・育成に努めることを任務とする「スポーツクラブインストラクター」

健康運動指導士

健康運動指導士とは、安全且つ効果的な運動プログラム作成及び実践指導計画の調整等を行う能力を評価される資格です。全国で16,278人登録されており、フィットネスクラブ・病院・福祉施設などで高い需要のある資格です。

参考書籍

  • 改訂版 健康運動実践指導者試験 筆記対策 分野別&模擬問題集
  • めざせ!健康運動指導士演習問題集―テキスト第6版(2012年)準拠
  • 高齢者のスポーツ指導者読本―実践!レジスタンストレーニング