資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

健康運動指導士の基礎知識

健康運動指導士とは?

健康運動指導士とは、安全且つ効果的な運動プログラム作成及び実践指導計画の調整等を行う能力を評価される資格です。全国で16,278人登録されており、フィットネスクラブ・病院・福祉施設などで高い需要のある資格です。

仕事について

健康運動指導士とは、保険医療関係者の方と連携をとりながら、ひとりひとりにあった運動のプログラムを作ったり、指導計画の調整をして、生活習慣病などにかからないよう手伝いをする専門家のことを言います。資格取得者はフィットネスクラブや病院、福祉施設や学校等で働いています。生活習慣病や高齢化が進んでいる現在、政府も資格取得者の数がもっと増えるよう力を注いでおり、今後健康運動指導士の存在は、ますますクローズアップされていくのではないでしょうか。

年収について

いろいろな資格がある中で健康運動指導士の収入は200~300万円ほどといわれています。資格を取得したから収入があがるかというと難しいところですが公共施設での健康体操、地区の方を対象にした介護予防運動、高齢者施設や福祉施設などでの体操などを行う場合などに必要になることがあります。
これから高齢化社会を迎えるにあたり、健康に関する関心も年々高まっている現代ではますます必要になる資格だと思います。またパソコンの普及によりデスクワークが増え健康を損なう方も多くなり運動が見直されています。その為、企業向けの健康セミナーや身体に不調が出やすい50~60代向けの健康体操教室なども今後の需要が見込まれると思います。

難易度と試験対策

健康運動指導士は、講習を受けなければいけません。医療系の資格取得している人、保健師、管理栄養士、体育大学卒業者などによって講習時間が違います。講習を受けて修了証書をもらったら資格取得試験を受けます。資格取得試験は年に三回あり、9月、11月、3月ごろです。試験対策として、講習で受けた内容を再確認しておくことも大切ですが、過去問を一度といてみるといいでしょう。また、医学や運動生理学に関する専門的知識を膨大に覚えないといけません。独学もいいですが、量が多い為難しくなってしまいますので講習会などに参加してみたほうがいいでしょう。健康運動指導士の合格率は、講習の単位数によって合格率は異なりますが60%ぐらいです。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

カヌーインストラクター

カヌーインストラクターとは、カヌーを安全に楽しんでもらえるように海での正しいルールやマナーの普及に努める指導員のことをいいます。(社)日本カヌー協会が認定しています。

キャンプ・インストラクター

総合的な自然体験活動「キャンプ」を支援するのが指導者の役割。 自分で楽しむだけとは違って、参加者の命を預かる大切な責任があり、キャンプの理論(野外教育の考え方、社会背景、歴史など)や生活技術、安全管理やカウンセリング、マネジメントなど学習する内容は、役割に応じて大変幅広い。

クレー射撃インストラクター

クレー射撃競技は粘土にピッチをまぜて固めた皿を、飛んでいる鳥になぞらえて空中に飛ばしこれをねらい打ちする競技です。トラップとスキートの2種類がりあます。 クレー射撃に限らず、射撃には常に危険が伴うため、安全に競技を楽しむためには、正しい競ルールや規則を守ることが重要です。 インストラクターは、これらの知識等に精通している者が射撃場やメーカーに専属して、鉄...

参考書籍

  • めざせ!健康運動指導士演習問題集―テキスト第6版(2012年)準拠
  • 改訂版 健康運動実践指導者試験 筆記対策 分野別&模擬問題集
  • 健康運動指導士試験対策問題集