資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

JAF公認審判員の基礎知識

JAF公認審判員とは?

JAF公認審判員とは、(社)日本自動車連盟公認の、自動車競技の審判員となるライセンスのことです。JAF公認審判員は、チェッカーフラッグを振り、コースアウトした車を誘導したりする「コース」、競技結果表などを作成する「計時」、車の検査などを行う「技術」の3つの分野に分かれており、それぞれA1級、A2級、B1級、B2級、B3級と5つのランクが設定されています。JAF公認審判員になるためには、まず公認信販B3級を取得することが必要になります。B級公認審判員は、主にレース以外のラリーやスピード行事に参加出来ます。またA級公認審判員は、レースを含む全ての競技でジャッジ等を行うことになります。

問い合わせ
JAF

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

カーリング審判員

カーリングは氷上で行われるウィンタースポーツ。4人ずつ2チームで行われ、目標とする円をめがけて各チームが交互に8回ずつ石を氷上に滑らせる。オリンピック種目にもあるスポーツの審判員。講習会等に参加して審判員の資格を取得する。

ウエイトリフティング公認審判員

ウエイトリフティング公認審判員は、1,2,3級の3つに分類されており、1級は陪審員と審判員の資格を取得しており、2、3級は審判員の資格を得ています。試験は、3級から順にステップアップしていくことになり、3級は20歳以上、支部協会で行われている筆記試験にパスし、2級は3年以上の経験と10回以上の審判実績による書類審査を通らなければなりません。

アーチェリー公認審判員

アーチェリー公認審判員は、アーチェリーを楽しむ人に安全を指導し、事故防止に勤め、試合などで審判を行います。アーチェリーを安全に楽しんでもらえるようにアーチェリーの正しいルールやマナーの普及に努めます。アーチェリー公認審判員には、競技大会が県レベル、各都道府県レベル、全国レベルの3段階があり、それに合わせて公認審判員も3つのレベルがある。