資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

化学分析技能士の基礎知識

化学分析技能士とは?

化学分析技能士は研究部門で活躍できる資格です。
化学系の大学を卒業した者しか受験はできず、難易度としては難しいほうですが、取得しておけば安定的な収入や収入額アップも充分見込め、転職にも断然有利となる資格です。

仕事について

【業務内容】
・化学関連となるわけですが、具体的には医薬品や化粧品メーカー、プラント(化学設備)メーカーなどになります。
自社製品の安全性のチェックなどのほか、依頼があればそれに応じて、サンプルの分析も行います。また、環境汚染に関する基準値を超えていないかどうかをチェックすることもあり、環境から製造現場において、化学反応を使った分析や分析用機器を使った分析を行っています。

【製造に関する化学分析】
・製造中に採取したサンプルを分析し、成分量に異常が見られないか、化学反応によって有害な物質に変化してしまっていないかどうかをチェックします。

【環境における化学分析】
大気中の水、土、空気などといった依頼されたサンプルを分析機器にかけたりして、成分の特定をし、その量を調べ、結果を報告します。

年収について

【化学分析技能士の平均データ】
男性:年齢37歳、勤続年数10年。
女性:34歳、勤続年数が7年。

【平均年収】
男性:月給33万円前後、年間の賞与や特別給与が平均125万円で、男性の平均年収は521万円ということになります。
女性:月収が26万円前後、年間の賞与や特別給与が平均75万円となっていますので、女性の平均年収は387万円となります。

【平均月収について】
40代でもっともピークに達するようで、約46万円となっています。しかしながらこれは、あくまで化学分析技能士としての収入です。40代以降は、管理部門に移行している可能性が高いと見られます。

【年代別】
20代前半が22万円、後半で26万円、30代前半で31万年、後半で38万円、40代前半で46万円となっています。そのほか、年間の賞与や特別給与が加算されていきます。

難易度と試験対策

化学分析技能士の試験については1級と2級があります。

【試験対策】
化学分析に関する幅広い知見が必要となります。回答方式は正誤を答える方式で○×式となっています。試験範囲としては、環境計量士よりも広くなっています。

【学科試験問題の一例】
「全量ピペットの検定公差」を尋ねる問題で「50㏄以下のものでは0.1㏄、100㏄以下のものでは0.2㏄となっている」は正誤どちらか、○×方式で答えます。
環境計量士よりも難易度も高く、試験範囲が広くなっています。環境計量士に比べると実務的な知識を確かめるような問題が、割合として多くなっています。

【実技試験問題の一例】
「定性分析」として「与えられている試料溶液の中に含有される4種類の金属イオンを検出する」というものです。

関連資格

ガス主任技術者

ガス主任技術者は、一般財団法人である日本ガス機器検査協会が実施する国家資格です。一般家庭の燃料ガスの製造から供給まで、全ての過程で取り扱うことができます。基本的には「ガス事業法」に基づいて、ガス工作物の保安・監督などを行うのが仕事です。

カーテンウォール施工技能士

カーテンウォール施工技能士とは、国家資格である技能検定制度の一種で、都道府県知事(問題作成等は中央職業能力開発協会、試験の実施等は都道府県職業能力開発協会)が実施する、カーテンウォール施工に関する学科及び実技試験に合格した者をいう。 なお職業能力開発促進法により、カーテンウォール施工技能士資格を持っていないものがカーテンウォール施工技能士と称することは禁じ...

第2種電気工事士

電気工事士には、第1種電気工事士と第2種電気工事士の二つがあり、うち第2種電気工事士は一般用電気工作物、つまり住宅、小規模な店舗などの電気設備の作業のみに従事することができます。

参考書籍

  • 化学物質安全性データブック
  • 分子でよむ環境汚染
  • 水と水質汚染 (地球環境サイエンスシリーズ)