資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

特定高圧ガス取扱主任者の基礎知識

特定高圧ガス取扱主任者とは?

特定高圧ガス取扱主任者は、高圧ガス保安法の元、特定高圧ガスの保安業務を管理することができる資格です。
特定高圧ガスについて知識を持ち、安全管理・維持などを行う者として、高圧ガス保安法令で指定されている数種類の高圧ガスを、一定数量以上貯蔵して消費する場合などに、規定され選任する事が義務付けられています。

仕事について

特定高圧ガス取扱主任者は、一般的にはガス会社での業務内容となっています。

【特定高圧ガス取扱主任者の仕事内容】
特定高圧ガス貯蔵所の保安や維持など、安全性を確保する為に指導を行う仕事内容となります。
特定高圧ガスを規定以上に貯蔵している事業所では、取扱主任者の選任が義務付けられているため、その種類ごとに定められた範囲の業務を行うこととなり、重要な役割を任される仕事です。

【特定高圧ガスの取扱】
特定高圧ガス取扱主任者は、圧縮水素、圧縮天然ガス、液化酸素、液化アンモニア、LPガス、液化塩素、特殊高圧ガスなど特殊高圧ガスを一定量以上取り扱うことができます。
ガス業者の運営をする際、取り扱う者には、必ず取得しなければいけない必須資格となっています。

年収について

【特定高圧ガス取扱主任者の年収】
特定高圧ガス取扱主任者としての年収は350万円~750万円前後となっており、比較的高い傾向にあります。
特定高圧ガスを規定以上貯蔵している企業では、取扱主任者の選任が義務付けられているため、ガスの種類によっては選任するところに違いはあるものの、特定高圧ガス取扱主任者の資格を取得している人材は、給与やボーナスなど、待遇面での優遇措置もあるようです。

【月給例】
 特定高圧ガス取扱主任者の月給は、おおよそ23~40万円前後となっており、企業によっても異なってきますが、月給も比較的高い傾向にあります。
保安の維持や安全性を確保するための指導者としての手当などもしっかりと反映されるようです。

難易度と試験対策

高圧ガス取扱主任者の資格は講習と修了考査で取得することができますので、難易度としては、易しいです。

【受験内容】
・3時間程度の法令講習があります。
・消費に必要な学識と保安管理技術を、約8時間程度学びます。
・修了考査ともに資格を取得することができます。

【試験対策】
液化酸素液化塩素・液化石油ガス・圧縮水素・演歌アンモニア・特殊高圧ガス・圧縮高圧ガス・圧縮天然ガス、この7種類についてガスに関する知識が必要とされます。
そのため、それぞれ2日間の講習を受講します。高圧ガス取扱主任者の試験対策は、専門家として、しっかりと講習を受け勉強することです。
よほど講習態度が悪くない限りは終了考査で問題なく取得することができます。

問い合わせ
高圧ガス保安協会

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

第1種電気工事士

電気工事士には、第1種電気工事士と第2種電気工事士の二つがあり、うち第1種電気工事士は一般用の電気工作物や自家用電気工作物の工事に関する専門的な知識を有する者に与えられる資格です。この免状を受けていない者が工事を行った場合には、懲役または罰金の規定があるほど、重要な工事に携わる資格です。

ウエルポイント施工技能士

ウェルポイント施工技能士とは、国家資格である技能検定制度の一種で、都道府県知事(問題作成等は中央職業能力開発協会、試験の実施等は都道府県職業能力開発協会)が実施する、ウェルポイント施工に関する学科及び実技試験に合格した者をいう。 なお職業能力開発促進法により、ウェルポイント施工技能士資格を持っていないものがウェルポイント施工技能士と称することは禁じられてい...

カーテンウォール施工技能士

カーテンウォール施工技能士とは、国家資格である技能検定制度の一種で、都道府県知事(問題作成等は中央職業能力開発協会、試験の実施等は都道府県職業能力開発協会)が実施する、カーテンウォール施工に関する学科及び実技試験に合格した者をいう。 なお職業能力開発促進法により、カーテンウォール施工技能士資格を持っていないものがカーテンウォール施工技能士と称することは禁じ...