資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

技術士(建設部門)の基礎知識

技術士(建設部門)とは?

技術士(建設部門)とは、国家資格である「技術士」資格の一種で、建設に関する分野で活動する技術者に対して与えられる資格としては国内でも最高峰に位置付けられる資格です。一般的な建造物に関してだけではなく、都市計画や科学技術全般にかかわる膨大な知識とスキルを身につけていることが技術士(建設部門)の取得に際しては要求されます。

仕事について

技術士(建設部門)の資格には独占業務等はありません。もともとかなり難関な試験で、取得には時間もかかりますから、建設関係の業界に入る段階では、この資格のことを考える必要はないでしょう。

しかし、取得しておくと建設業界では絶大なステイタスがありますから建設業界での飛躍を狙うなら、役立たせることが可能な資格です。建設業界に入ってから取得していくことがおすすめです。

技術士(建設部門)の資格の取得者の就業先は、主に次のようなものがあります。

・一般企業(建設関係)の、技術開発や研究等を中心に行う部署
・建設コンサルタント会社

特に建設コンサルタント会社に勤務して立身を望むなら、この資格は非常に有益なものとなります。また、独立して自らコンサルタント会社を経営するという手も考えられます。

年収について

技術士(建設部門)の資格を持っていると、建設コンサルタント会社等での求人は随時見つけることができます。建設業界は日本においては非常に発達した業種で、日本の各地で就業先を見つけられるチャンスがあります。

技術士(建設部門)の資格を求める募集は、いつ探してもわりと多めに見つかりますが、その分年収についてはかなりの差があるといわれています。技術士(建設部門)の資格取得後に転職を希望するときは人材コンサルタント会社等に登録しながらじっくりと転職先を絞るほうが賢明でしょう。

一例をあげてみましょう;
・比較的少額の場合:1年目の年収が500万円以下
・比較的高額の場合:1年目から年収が600万円を超過

評価の高い資格ではあるため、安めの給与で就業を開始した場合でも、順調に業務をこなしていけば数年後には何百万円もの昇給が実現することはかなり多いようです。

難易度と試験対策

技術士(建設部門)の試験は、次のような要項に沿って実施されています。
【受験資格】
第一次試験を受けるにあたっては、特になし。
【試験の流れ】
第一次試験合格後、第二次試験の受験資格を得るために、次のいずれかの条件を満たします
・「技術士補」として登録し、その後「指導技術士」の下で実務経験を4年以上積む
・ 優秀な監督者の指導を受けながら、「実務修習プログラム」を4年受ける
・実務経験を7年以上積む
【第一次試験の科目】
・基礎科目
・適性科目
・共通科目(5科目から2科目を選択)
・専門科目
【第二次試験の科目】
・筆記試験(必須科目+選択科目)
・口述試験
技術士(建設部門)の試験はたいへんに難易度が高く、特に第二次試験の合格率は非常に厳しいものがあります。勤務先の理解と協力を得ながら勉強に励んだり、特殊な教育機関が提供している講座を受けたりして着実に学力を備えていくことが大事でしょう。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

移動貯蔵タンク定期点検技術者

タンクローリーなどで危険物を安全に移動するために高度な専門的知識と技術をもって点検を行う技術者です。講習と終了考査で取得できます。 更新制で講習修了証の交付を受けた日から5年ごとに定期講習を受ける必要があります。 就職は危険物運搬会社など。高精度の点検機材や高度な専門知識を持つ者以外は実施が困難であり、有資格者のニーズはますます高まると思われます。 仕事内...

圧接管理技士

圧接管理技士は、ガス圧接工事における施工計画・管理・検査・指導等の能力をもつ高度な技術者であることを認証するものです。受験するには規定年数の実務経験が必要。試験は筆記試験の後、合格者のみ口述試験が実施される。

技術士(総合技術監理部門)

技術士(総合技術監理部門)とは、国家資格である「技術士」資格の一種で、総合的な科学技術の監理を行う立場にある人材を想定して平成12年に設置された比較的新しい資格です。 元来「技術士」は、技術者に与えられる資格としては国内でも最高峰に位置付けられる資格ですが、技術士(総合技術監理部門)の場合は、多様な技術を用い...

参考書籍

  • 平成25年度版 技術士第一次試験 「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>
  • 技術士第二次試験 建設部門 択一式対策 厳選100問
  • 平成25年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題350