資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

ビル設備管理技能士の基礎知識

ビル設備管理技能士とは?

ビル設備管理技能士とは、ビルの空調システムや電気システム、衛生管理などビルのメンテナンス設備などにトラブルがないのかを点検するビルの管理者資格です。
ビル設備管理技能士を取得しておくことで、どこのビル管理会社も欲しがる人材になれるという強みがあります。

仕事について

【ビル設備管理技能士の仕事内容】
・オフィスビルやモール、あらゆる商業ビル内の設備機器がスムーズに作動するようの随時設備点検を行います。また、ビル建物の配水管設備や電気工事、建設設備などを行い 建物の特性について注意を払いながらの設備設計を行うこともあります。
・ビル内の各部屋ごとの排水、署名、空調、高圧電流設備の管理、ビルの設備点検を随時行い、湿度、換気、温度調節など、また総光熱費やその他無駄な設備投資がないか省エネ策、ビルの老築化に伴う再修プラン業務なども行います。
また、関連資格の電気工事士、ボイラー技師、危険物取り扱いなどの資格をもっていればビル設備管理に活かせます。勤務体制としてはシフト制が多く、商業都市ビルでの勤務はローテーション制になり、土・日出勤が多いようです。

年収について

【ビル設備管理技能士の年収】
ビル設備管理技能士としての年収は、明確なデーターがでておらず定かではありませんが、ビル管理業務の職に就いている人の平均年収が約350万~500万円前後となっていますので、資格を取得しているビル設備管理技能士は、一般社員と比べるとそれ以上になるでしょう。

【待遇面】
商業系のビルやマンション系とでは求められる資格が異なってきますが、ビル管理会社は「ビル設備管理技能士」を取得している人材を欲しがる傾向にあり、ビル設備管理技能士取得者は重宝されています。就職や転職に有利なる他、待遇面ではおおいに有利なるでしょう。
また、昇進の際の年収アップには大きな期待が持てるとして、ビル設備管理技能士の資格取得を希望する人は、現在でも増え続けています。

難易度と試験対策

ビル設備管理技能士試験には年齢に制限はなく高卒・短大卒・大卒で受けることできます。  

【ビル設備管理技能士の合格率】
・第1種ビル管理試験 合格率5%
・第2種ビル管理試験 合格率10%~20% 
・第3種ビル管理試験 合格率50%以上 

【難易度】
ビル設備管理技能士試験は、比較的難しい試験だといわれています。その理由としては、出題範囲は広くて問題が多く、細かい数値も良く出題され、過去問になかったような問題まで出題されるからだといわれています。

【試験対策】
出題範囲が広く細かい数値も出題されますので、数値などはしっかりと勉強するようにします。また、過去問になかったような問題まで出題されますので、その辺りは明確に勉強する必要があります。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

建築大工技能士

建築大工技能士とは、木造建築物など大工旋工する上での技能を証明する資格です。 資格を取得すると名刺などに「1級建築大工技能士」「2級建築大工技能士」「3級建築大工技能士」のように等級を明示する必要があるため、信頼性をよりアピールすることにも役立ちます。実務経験により受験できる級が異なり、取得できる技能資格は異なってきます。

計装士

計装士とは、計測制御機器の取付工事にまつわる専門的な技術と知識を持ち、併せて計測制御機器の配管・配線工事の設計、監督なども行う専門家を認定する資格です。一般社団法人 日本計装工業会が認定する人気の高い民間資格です。

排水設備工事責任技術者

排水設備工事責任技術者の試験は、公益社団法人 日本下水道協会が運営する資格であり、各都道府県の下水道協会によって試験が実施されています。指定の学科を修了しているか、実務経験を有する者のみに受験資格があります。