資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

建設機械整備技能士の基礎知識

建設機械整備技能士とは?

建設機械整備技能士とは、建設現場で使われている大型の機械を整備する能力を証明する資格です。
試験には「特級・1級・2級」まであり、特級は建設現場の管理者・監督者としての技能をもち、1・2級は上・中技術者としての技能をもち合わせていることが必須です。
建設機械整備技能士は建設現場で活躍できる資格して重宝されています。

仕事について

【仕事内容】
・建設機械整備技能士は、現場でクレーン車やショベルカーの整備点検が主な仕事となります。
建設機械整備技能士の資格を活かすには建設会社、機械会社や自動車整備会社など現場での作業でクレーンやショベルカーを使う上でそれに伴う機械の修繕や部品の交換を行い、業務がスムーズに行えるように現場を監督するのも建設機械整備士の仕事です。
また資格を持っていることを十分に発揮するには、現場で働き、機械整備に関して専門的な知識を身につけていることが大事です。

【現場で有利になる資格】
建設機械整備技能士の資格以外に持っていると役に立つ資格は、移動式クレーン運転士、建設旋行管理士、建設機械旋技士の資格などです。建築にかかわる資格も多数あるので、建設機械整備技能士と合わせて、これらの資格を持っていると、さらに有利に現場で生かすことが出来ます。

年収について

【平均年収】
建設機械整備技能士としての年収については、明確なデーターが出ておらず、定かではありませんが平均年収350万円前後とされてます。

【資格の有無の違い】
資格を持ち合わせていないと、平均年収は200万円前後となっていました。資格や現場での経験があると年収が約300万以上になるようです。

【平均月給例】
月給16.2~24万円前後とされいますが、建設機械整備技能士の資格を取得していることで待遇面がよくなる傾向にあります。

平均年収から見て分かるように、資格があるのと無いのとでは100万円前後の差が出ていますので、必須資格とはいえませんが、建築関係の仕事をするなら、建設機械整備技能士は取得しておきたい資格といえます。

難易度と試験対策

建設機械整備技能士の難易度はそれ程きびしくなく合格率は約38%前後です。

【一級実技テスト】
建設機械の中の内燃機関・油圧シリンダの分解、調整、測定、組み立て、鋼板へのガス切断・きり穴加工・タップ加工・丸棒鋼のダイス加工など。

【学科テスト】
建設機械の整備工数見積もり・点検・修理・調整など。

【2級実技テスト】
1級の実技テスト内容と同じで学科テストは建設機械の点検・修理・調節等です。

【試験対策】
1級テストも2級テストもほとんど変わりはありません。ですが、何が違うのかというと「建設機械」の見積もりです。1級テストには見積もりが含まれていますので、建設機械の整備工数見積もりは、しっかりと勉強するようにしましょう。

関連資格

建築大工技能士

建築大工技能士とは、木造建築物など大工旋工する上での技能を証明する資格です。 資格を取得すると名刺などに「1級建築大工技能士」「2級建築大工技能士」「3級建築大工技能士」のように等級を明示する必要があるため、信頼性をよりアピールすることにも役立ちます。実務経験により受験できる級が異なり、取得できる技能資格は異なってきます。

計装士

計装士とは、計測制御機器の取付工事にまつわる専門的な技術と知識を持ち、併せて計測制御機器の配管・配線工事の設計、監督なども行う専門家を認定する資格です。一般社団法人 日本計装工業会が認定する人気の高い民間資格です。

排水設備工事責任技術者

排水設備工事責任技術者の試験は、公益社団法人 日本下水道協会が運営する資格であり、各都道府県の下水道協会によって試験が実施されています。指定の学科を修了しているか、実務経験を有する者のみに受験資格があります。

参考書籍

  • 平成22・23年度 技能検定試験 問題集11 建設機械整備/機械・プラント製図/機械検査