資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

原子炉主任技術者の基礎知識

原子炉主任技術者とは?

原子炉主任技術者とは、原子炉設置者の行う原子炉の運転に関して保安の監督を行うために原子炉ごとの炉主任として選任されています。
専門性が非常に高い資格であり、仕事内容としても一般の会社員に比べれば責任が求められるがゆえにやりがいのある資格・仕事だといえます。

仕事について

原子炉主任技術者は、原子炉の運転に関して、保安や監督を行います。原子炉のもっとも近くで勤務することになることから、それ相応の知識などを備えている必要があります。
原子炉主任技術者の筆記試験には受験資格に特に制限はありませんが、口述試験となると、筆記試験合格者で、なおかつ半年以上の原子炉運転実務がないと受験できません。原子炉主任技術者は、業務独占資格となります。

【業務独占資格】
特定の業務に対し、特定の資格の免許、免状などを持っている者だけが業務を執り行うことができるものの、資格がなければその業務を行うことが禁止されている資格をいいます。原子炉主任技術者は専門性が高く、社会的に信用度も高い仕事内容となります。

年収について

原子炉主任技術者の年収は、実務経験の長短によって違いが出てきます。

【原子炉主任技術者の年収】
・実務経験が10年以上あり、中堅以上の原子炉主任技術者として認めらる場合には、年収は平均600万円といわれています。

原子炉主任技術者は国家資格の1つであるためか、公務員のような錯覚も覚えますが、公務員ではありません。そのため、公務員職よりは年収額が低くなります。
とはいえ、一般の会社員などと比べると年収額としては高めの設定になっているようです。就職先としては、電力会社に就職して実務をつみ、原子炉主任技術者資格を受験するというコースが一般的です。また、電力会社内などで昇進するケースも見込まれます。試験内容がが難しいとはいえ、挑戦するだけの価値がある資格だと言えます。

難易度と試験対策

【原子炉主任技術者の筆記試験の合格率】
年度によっても受験者数は異なりますが、受験者数が123名、そのうち合格者は28名、合格率は22.8%となっていました。

【難易度】
難易度は、やや高めとなっており、たとえば二級建築士や情報処理技術者試験、電気通信主任技術者などと同等の難易度だといえるでしょう。口答試験では、筆記試験よりも合格率があがり、約48%程度となっています。

【試験対策】
試験問題の内容は経済産業省のホームページに掲載されています。年度ごとに掲載されていますので受験対策用として細かく目を通し、それぞれの問題や出題範囲に関する法令や理論などの参考書を揃え、しっかりと勉強しておく必要があります。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

認定眼鏡士

日本眼鏡技術者協会が実施する認定眼鏡士は、最適なメガネ選びを提供するメガネのスペシャリストを認定する資格です。最適なメガネ選びを行うためには、適切な視力測定、レンズ選定、フレーム選びのほか、さまざまな要素が必要となります。その専門性と技術を証明するための資格が認定眼鏡士です。

VEスペシャリスト

VE(Value Engineering)とは、製品やサービスの「価値」を、それが果たすべき「機能」とそのためにかける「コスト」との関係で把握し、 システム化された手順によって「価値」の向上をはかる手法です。 現在の企業経営は、積極的なVE活動なくては利益確保や新製品開発は難しくなってきており、VEは、いまや経営に不可欠なものとして官庁や自治体の公共工事、また建設の分野において...

塗装技能士

塗装技能士とは、技能検定制度において定められている検定の一種で、塗装に関する学科及び実技試験に合格した者のことを言います。国家資格であることや、合格率の低い難関資格であることから、塗装業界では、特に特級と一級塗装技能士については重宝されています

参考書籍

  • 原子炉物理入門