資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

ラジオ・音響技能検定の基礎知識

ラジオ・音響技能検定とは?

AR検定とも呼ばれる、ラジオ・音響技能検定とは、エレクトロニクス・オーディオの知識と技能とを問う検定試験です。
この資格を取得していると、日本国内で家電メーカーのエレクトロニクス部門への就職・転職の際に、強い味方になってくれます。

仕事について

ラジオ・音響技能検定の資格を持っている人の仕事は、家電メーカー企業や販売店への就職がメインになりエレクトロニクス・オーディオの部分に集中しています。

【就職例】
・家電メーカー企業への就職なら、特に音響機器の組み立てや設計、製作などを主に行います。
そして家電メーカー販売店へ就職すると、オーディオ機器の販売や修理などを担当することになるでしょう。
ラジオ・音響技能検定の資格を保有していると、こうしたエレクトロニクスを扱っている企業や販売店への、就職や転職が有利に進む傾向にあり、職場では高度な専門性をアピールできるでしょう。
また、エレクトロニクス・オーディオ部門としては、国内唯一の資格試験のため、近年人気を集めています。

年収について

ラジオ・音響技能検定の資格を持つ人の年収は、現在では明確なデータは出ておらず、実際にラジオ・音響技能検定の資格保有者の収入については、定かなことは分かっていません。
というのは、ラジオ・音響技能検定の資格は、必須資格ではないからです。ラジオ・音響技能検定は、スキルを証明するための資格として認知されています。
ですが、1級から4級まであるこの検定資格を持っていれば、就職や転職に有利になったり、スキルアップを目指し年収アップにも繋がることは間違いありません。
また、ラジオ・音響技能検定の資格は、高校の単位として認定されたり、大学の推薦入試に利用したりなど、就職・転職だけでなく、進学にも活用することのできる検定資格です。

難易度と試験対策

ラジオ・音響技能検定の難易度は、各級によって異なります。

【一級】
合格率が9%と難易度は高くなっています。

【二級~四級】
二級は26%、三級は46%、そして四級は62%と、易しいものもあります。
試験には実技試験と筆記試験の2種類があります。各級ごとにレベルや試験範囲が異なるので、一貫した試験対策というものはありません。

【試験対策】
・筆記試験ではほぼ全ての級に共通し、電気磁気やトランジスタについての知識が問われます。
・実技では、エレクトロニクス機器の部品についての知識や、修理方法などがテストされます。
試験対策問題集のようなものは出版されていませんが、機器の扱いの知識と技術、そして物理的思考法が必要なのは明らかです。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

写真技能士

写真技能士の資格は、職業能力開発促進法に基づき、カメラマンの写真技能の技術や知識を証明するもので、実力に応じて3級・2級・1級があります。 職業能力開発促進法により、写真技能士の資格を取得していないものが写真技能士と称することは禁じられています。

認定眼鏡士

日本眼鏡技術者協会が実施する認定眼鏡士は、最適なメガネ選びを提供するメガネのスペシャリストを認定する資格です。最適なメガネ選びを行うためには、適切な視力測定、レンズ選定、フレーム選びのほか、さまざまな要素が必要となります。その専門性と技術を証明するための資格が認定眼鏡士です。

家電製品アドバイザー

家電製品アドバイザーは、消費者に対し家電商品選びのアドバイスや使用方法、廃棄などのアドバイスを適切に行うための知識や技能を評価する資格です。 資格を取得していることで信頼性が高まるため家電製品アドバイザーの需要は、今後ますます増していく傾向にあります。

参考書籍

  • ラジオ・音響試験を受ける人のために―文部省認定 技能検定 (OHM・license books)
  • ラジオ・音響3級標準テキスト