資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

写真技能士の基礎知識

写真技能士とは?

写真技能士の資格は、職業能力開発促進法に基づき、カメラマンの写真技能の技術や知識を証明するもので、実力に応じて3級・2級・1級があります。
職業能力開発促進法により、写真技能士の資格を取得していないものが写真技能士と称することは禁じられています。

仕事について

【写真技能士の仕事】
・街の写真館などでプロのカメラマンとして写真撮影をする。
証明写真から記念の写真などの需要があります。そのほか、ホテルや結婚式場などに専属で契約をしているカメラマンや写真館もあり、また、新聞社や出版社に正社員として就職するという人もいるでしょう。幼稚園・小学校などの学校関係の行事に同行し、記念写真を撮影するという仕事もあります。

写真館では、お宮参り・七五三・入学卒業・成人式・各種記念に訪れるお客様のために撮影をします。結婚式というと式場専属のカメラマンがいるものでですが、結婚式場で挙げずに内輪でつつましやかに結婚式をしたという場合、親戚縁者が集まり、あるいは二人だけドレスアップをしたところを撮影したりもします。

年収について

【新聞社、出版社などに就職する場合】
就職先の規定にそった給与体系により年収は異なります。
一般的なサラリーマンと同様に、大手になればなるほど給与や諸待遇は安定し、良好なようです。写真館などに就職する場合にも、その写真館などが定める給与が支払われることとなります。
新聞社、出版社に比べれば給与額としては低い傾向にあり、経歴がまだ浅い場合には、年収300万円前後とされています。

【フリーランスのカメラマンの場合】
営業活動などをしなければ仕事がないのと同じで給与も期待できませんが、有名になれば年収としては数千万円というカメラマンもいます。
季節や、その年によっても変動が大きく安定性には欠けるといえますので、人脈作りや営業活動がつねに必要といえます。

難易度と試験対策

写真技能士の資格は「1級写真技能士」「2級写真技能士」「3級写真技能士」に分かれています。難易度はそれほど高くはありません。

【写真技能士の試験対策】
・撮影条件が確実に写真として残せる技術があるといいでしょう。
・フットワークのよさ、シャッターチャンスをとらえることのできる集中力も必要となります。
・デジタル処理の技術を習得しておく必要があります。

独学での勉強はもとろんのこと写真スタジオに就職したり、プロカメラマンのアシスタントなどになり勉強をすると比較的スムーズです。
また、撮影に関する問題だけではなく歴史関する学科試験のペーパーテストもありますので、歴史に関する内容も、しっかりと勉強しておくようにしましょう。

関連資格

認定眼鏡士

日本眼鏡技術者協会が実施する認定眼鏡士は、最適なメガネ選びを提供するメガネのスペシャリストを認定する資格です。最適なメガネ選びを行うためには、適切な視力測定、レンズ選定、フレーム選びのほか、さまざまな要素が必要となります。その専門性と技術を証明するための資格が認定眼鏡士です。

塗装技能士

塗装技能士とは、技能検定制度において定められている検定の一種で、塗装に関する学科及び実技試験に合格した者のことを言います。国家資格であることや、合格率の低い難関資格であることから、塗装業界では、特に特級と一級塗装技能士については重宝されています

フラワー装飾技能士

フラワー装飾技能士とは、フラワーデザインに関する国家資格です。 「花」と関わる仕事で活動をしている人や携わっている人の技術を評価するものです。 フラワーデザインに関する資格として、現在では日本唯一の資格となっています。