資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

菓子製造技能士の基礎知識

菓子製造技能士とは?

菓子製造に関して国が認めている技能士資格です。
各都道府県知事が実施している資格試験は「和菓子」「洋菓子」に分かれており、どちらも1・2級の資格試験があり学科・実技テストの両方があります。
菓子製造技能士の資格試験は、菓子製造に関しての高い知識と技術を証明する資格です。

仕事について

【菓子製造技能士の仕事のやりがい】
自分が考えたものが商品化され、それを買ってくれたお客さんに笑顔で食べてもらえるということです。勤務時間は長く辛いことも大きいですが、食べ物で人を幸せにするという喜びはそれ以上大きいものとなります。また、年齢問わず人気が高の仕事です。

【勤務先例】
菓子製造技能士は製菓メーカーや和菓子店・洋菓子店経営、和洋菓子店での菓子職人としてのキャリアアップに欠かせない資格でもあります。
勤務先も数多くホテル、レストラン、ファミリーレストラン、個人経営の洋・和菓子店など幅広く、利用する人の年齢も様々で、菓子製造技能士の資格を持っていると就職や転職活動の際、仕事がないということはなく、就職先は必ずどこかに決まります。

年収について

【菓子製造技能士の平均年収】
菓子製造技能士の年収として明確なデータは出ておりませんが約300万円前後とされています。独立開業した場合、人気店なら年収900万円以上ということも可能です。

【初任給例】
約14~15万円前後となっており、パティシエになったとしても月給が17万円を下回ることもあり勤務時間が長いことが多く、見習いのうちは菓子作りが好きでないと続けることは難しい仕事でもあります。勤務時間は朝早く夜は遅く、思っている以上に大変な仕事ではありますが、経験を積むことでスキルや年収アップに繋がってきます。
また、菓子製造技能士の資格を取得していることで、技術や能力が証明されやすく、勤務先によっては待遇面でも良い方向へ変わりやすい傾向にあります。

難易度と試験対策

菓子製造技能士の試験難易度は資格試験の中ではやや難しく、全国平均50%前後で1級は30%台です。受験資格としては中卒・高卒・大卒で、中卒の場合、厚生労働大臣が定める製菓衛生士養成施設で1年以上、菓子製造に関しての知識を有した者が受験することが出来ます。

【学科試験】
60問程度が出題され、公衆衛生学・栄養学・食品衛生学・成果理論・製菓実技になっています。

【和菓子部門】
まんじゅうの製造や練りきり製品の製造、羊羹の文様など 埋め込み加工、扇形羊羹の包丁仕上げとなっています。試験時間3時間30分。

【洋菓子部門】
ビスチュイ・ラ・キュイエールの製造・デコレーションケーキの仕上げとなっています。試験時間3時間15分。
試験対策としては、時間内に味や見た目をどれだけ美しく仕上げるかがカギとなっていますので、繊細に仕上がるような勉強が必要です。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

調理技能士

調理技能士とは、約6年の調理経験がある調理師が、厚生労働省の定める試験に合格したときに得られる資格です。 日本食や洋食、中華料理など、様々なジャンルがあり、日本食についても麺料理や寿司といったジャンルに分かれています。

冷凍空調技士

冷凍空調技士とは、冷蔵庫や冷房施設などといった、冷凍・冷房設備を作るのには欠かせない資格です。 冷凍、冷房用設備がスムーズに機能するのを支えるため、設計や工事、調査などあらゆる場面からのサポートをしています。