資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

発破技師の基礎知識

発破技師とは?

発破技士とは 労働安全衛生法に定められた国家資格で発火技士免許試験に合格すると都道府県労働局長から免許を交付されます。
この免許を交付されると、採掘現場や建設現場などで発破を行うときに点火や不発の残薬点検と処理などの業務を行うことができるようになります。

仕事について

 【仕事内容】
発破技士の仕事は土木・採掘場・岩山などの作業現場において火薬や、時には威力の強いダイナマイトを使い、山や岩を切り崩したりします。トンネル内での工事、山間部での道路工事また構造物などを壊すという危険が伴う作業をするエキスパートです。
発破を行うとき身につける特別な装身具、点火の方法、発破し終わった後の処理なども行います。

【就職先】
発破技士の資格を有していると、採石会社や土木・建築会社が主な就職先になります。最悪の場合、命の危険がある作業ですので、火薬の取扱いに関しての専門的で豊富な知識や技能が必要です。専門的な知識と技能がないと、この仕事につくことはできません。危険が伴う作業なので数万円という手当がつきます。

年収について

発破技師の平均年収は507万円前後となっていました。平均月給が41万円と高く、平均年齢45歳ですが、20代でも40万円近く支給されます。平均勤続年数は6年前後と低い傾向にあります。危険に伴う手当ては会社によっては10万円という高額な手当てを支給しているところもあります。一般社員に比べると手当てがつく分、給料は高めに設定されています。

 【収入面】
最初はガソリンスタンドやカー用品店で時給制のアルバイトから経験を積むとよいでしょう。
また、火薬を扱う仕事の場合、火薬類取扱い保安責任者という資格があれば発破資格がなくても火薬を十分取り扱うことができ、火薬類取扱い保安責任者の資格のほうが実用的だという人が多いですが、収入面では発破技師の方が高い傾向にあります。

難易度と試験対策

発破技士になるためには技能講習を受け、試験に合格しなければなりません。発破技士の技能講習と試験の内容は次の通りです。

 【受講資格】
年齢や学歴不問に制限はありません。

 【講習内容】
・学科 火薬の取扱など。
・実技 点火・発火の見学と導火線発破と電気発破の実習。

 【難易度】
試験は実務経験者が多く合格率55%と多くやや易しいです。

 【試験科目】
火薬類の知識・取扱い、発破の方法

 【免許交付条件】
試験に合格できただけでは免許は交付されず、大学、高専、高校、中学で応用科学・土木学を学び卒業してから3ヶ月以上実地経験がある人や、発破の補助作業に6ヶ月以上従事した人に交付される条件となっています。
発破実地講習の修了者は、電気発破の免許を有している人は試験が免除されます。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

ガス溶接技能者

ガス溶接技能者とは、建設現場などでガスを用いる溶接を行うための技能者です。 事故を防いで安全に仕事をするために、法律(労働安全衛生法に基づく労働安全衛生規則)によって、この作業をするにはガス溶接技能講習を修了していること、と決められています。

高所作業車特別教育

10メートル未満の高所での高所作業車の運転には、その業務の安全についての特別教育を行う必要があります。 高所作業車特別教育を受けないと10メートル未満の高所の作業現場において、労働者を作業につかせることができないとされています。

潜水士

潜水士とは海等の水中に潜り、水中の中で行う作業を仕事とする職業です。水中に関する調査や、建設、水中からの引き上げる作業等です。潜水士になる為には資格が必要です。水中には危険も沢山ありますから、肉体的にも大変な仕事でもあります。

参考書籍

  • 新・発破技士テキスト