資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

一般計量士の基礎知識

一般計量士とは?

一般計量士とは、工業などで使われている設備や計量機器の点検や検査などを行うための資格です。この資格は経済産業省が所轄し、工業で絶対的に必要とされる正確な計量を行うために、この資格者は大いに必要とされています。

仕事について

一般計量士はメリットの多い国家資格で、経済産業大臣の登録による資格です。職務内容は環境に関係する計量器の設備から計量方法の改善から適正な計量の実施まで様々です。環境問題関心は高くなっていて、計量士の区分は騒音と振動レベル、濃度と三区分になっています。計量管理の対象の範囲は技術革新により広範囲になり、管理技術も専門的になっていて、計量士の役割は非常に高まっています。計量士になるためには環境経理士の濃度関係から騒音関係、一般計量士の資格の習得が必要で計量し国家資格に合格する必要があります。しかし、受験資格は制限がなく学歴不問なので、独学で勉強すれば合格する可能性は十分にあります。登録には実務経験がいるので注意が必要です。

年収について

一般計量士の年収は一般的に、300万円~450万円と言われています。化学分析の計量士ともなるとまた、少しアップするようです。また、就職した企業の規模によって、基準が変わってきますので、増える場合もあります。主な仕事は、工場、百貨店などで精密機器の計量管理、精度管理する仕事で特定計量器を製造しているところには、資格取得者が必ず1名はいなければならないので、必要不可欠な存在です。また経験が物を言いますので、長い間この仕事に携わってきた方は、定年後も関係なく仕事を続けることができます。受験には数学能力が必要なので、まず基本は必要です。

難易度と試験対策

一般計量士の試験対策は、ますわ国家試験に合格することが必要です。試験は例年三月の第1日曜日に実施されています。勉強方法は、計量関係法規や計量管理概論、計量器概論や質量の計量に関するものが中心となります。試験前には過去問の演習が効果的です。どんな問題が出題されているかの傾向をつかむことができます。国家試験を受けずに一般計量士の資格を取るもう一つの方法もあります。もう一つの方法は産総研計量教習センターに入所し、講習をうけることです。これには 3カ月間一般計量教習と特別教習があります。

問い合わせ
経済産業省

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

玉掛技能講習

玉掛技能講習とは、建設現場等でクレーン作業を行う際に従事する者があらかじめ受講を必要とされる講習です。クレーンを使用する場合は別途クレーン等運転の資格と必要。鉄筋工や鳶などが玉掛技能講習を受講し玉掛作業に従事しています。

ボイラー技士

日本のボイラー技士とは労働安全衛生法に基づいた国家資格の一つで、各級のボイラー技士試験に合格し、免許を交付されました者を言います。ボイラー技士は病院、学校、工場、ビルなどの場所で、資格が必要なボイラーを取扱い、点検、安全管理を行います技術者です。

移動式クレーン運転士

移動式クレーン運転士とは、労働安全法の国家資格です。移動式クレーン車を運転するには、この資格がないとクレーン車運転に伴う業務を行うことができません。 移動式クレーン運転士の資格を取得すると、吊り上げ荷物などの運搬や移動を行うことができます。

参考書籍

  • 一般計量士国家試験問題解答と解説〈1〉一基・計質(計量に関する基礎知識/計量器概論及び質量の計量)〈平成21年‐23年〉
  • 環境・一般計量士試験 よく出る法規・管理
  • 知りたい!計量士 (資格ガイドシリーズ)