資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

高所作業車特別教育の基礎知識

高所作業車特別教育とは?

10メートル未満の高所での高所作業車の運転には、その業務の安全についての特別教育を行う必要があります。
高所作業車特別教育を受けないと10メートル未満の高所の作業現場において、労働者を作業につかせることができないとされています。

仕事について

高所作業車特別教育は、高所での建設作業や工事作業に参加する際、また高所で作業者を運転する際、必ず受講が求められる特別教育です。

 【仕事内容】
高所作業車特別教育を受けた人々の仕事内容というのは、10メートル未満の高所において、
作業者を運転する必要のある建設作業や、または施設の修理作業などになります。

【資格の必要性について】
高所作業車特別教育の資格は、国家資格というものではなく、また一度取得したら更新する必要は原則としてありません。しかし、高所で作業する際に必ず必要となる資格ですので、きちんと特別教育や技能講習を受け、そしてその受講したことを証明するための書類である修了証を、取得しておくことが必須となるでしょう。

年収について

 【年収について】
高所作業車特別教育の特別教習を受けた人の収入については、正確なデータを得られない状態となっています。
というのは、高所作業車特別教育はあくまでも、高所での作業者の使用をする前に受けるべき講習であり、就職に活用できる国家資格、というものではないため、収入アップや特別手当については、期待できない傾向にあります。

もちろん、高所作業車特別教育の修了証を持っているからこそ、勤務を認められる職業というものはたくさんありますので、その現場は高所での作業を含む一般建設業や特別建設業になるでしょう。これらの現場において、高所作業車を用いて作業することは、高所作業車特別教育を受け、修了証を取得してから初めて、晴れて行うことができるようになるのです。

難易度と試験対策

 【難易度】
高所作業車特別教育の講習を受けるには、まず18歳以上であること、そして自動車免許を持っていることが必須条件になります。これらの規定を満たしたら、高所作業車特別教育の技能講習と特別教育を受けることができます。
技能講習は約17時間、特別教育は約9時間行われます。基本的に、説明さえ聞いていれば簡単に履修できるようです。

 【試験対策】
高所作業車特別教育の修了は、特に難易度の高いものではありませんので、講習をきちんと聞いて理解できれば大体は合格するでしょう。
ただ、希望する教習によって必須条件が異なるので注意しましょう。
特に、必要な自動車免許の種類が、教習ごとに異なる可能性が高く、中型自動車免許は20歳以上から、大型なら21歳以上からという規定もありますので注意しておく必要があります。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

ボイラー整備士

ボイラー整備士とは、国家資格であり労働安全衛生法で定められている資格です。ビルなど冷暖房の設備が必要な建物にあるボイラーを点検や清掃して異常が見つかった場合は、部品の交換などを行うため資格の取得には実務経験が必要です。

小型移動式クレーン運転技能講習

5トン未満の荷物などをクレーンで運搬や移動する時に必要な資格です。小型移動式クレーン運転技能講習を修了すると資格を取得でき、業務を遂行することができます。 この資格があればクレーンの荷物の移動と共にクレーン機能つき油圧ショベルを使った仕事を行うことが出来るようになります。

フォークリフト運転者

フォークリフト運転者は、日本においてフォークリフト運転技能講習、または、フォークリフト運転特別教育を修了した者である。 労働安全衛生法第61条、第76条(技能講習)、第59条(特別教育)にて規定されている。フォークリフト操縦者は、ヘルメットにフォークリフトステッカーを貼り付けることができる。 各地の指定教習機関で学科、実技に合格すれば、取得できます。