資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

鉛作業主任者の基礎知識

鉛作業主任者とは?

鉛作業主任者とは労働安全衛生法に規定されている国家資格の一つで、当該主任者の技能講習を修了した者の中から事業者が選任します。職務は、鉛によっておこる汚染から当該作業に従事する作業員を守る業務を行います。

仕事について

現場で鉛を扱う作業方法の指示や指揮を行い、安全のための設備の点検や監督を行うのが主な業務内容です。鉛を扱う現場には、鉛や銅を精錬する工場や、鉛を使用した電池を生産する工場、はんだ付けの工程を含む製品を生産する工場などがあり、様々な産業において必要とされる鉛を安全に活用するためには無くてはならない資格です。こういった工場では鉛作業主任者の有資格者を必ず配置することが義務付けられているため、現場管理の専門家として、より責任のある立場で活躍できるということがあちます。

年収について

鉛作業主任者とは、労働安全衛生法に定められた作業主任者のひとつで鉛作業主任者講習を受講したもののなかから事業者によって選出することができる。国家資格であり、満18歳以上のものであればだれでもが受講することができます。鉛による汚染被害から労働者を守る業務を行う資格です。健康障害とその予防措置の知識、作業環境改善の知識、保護具に関するちしきに、関係法令などの試験内容があります。鉛を扱っている事業所には必ずこの資格を取得したものを置いておかねばならないので働く場所は多くあるといえるでしょう。資格を取ることによって収入面では、資格手当が付き、その企業の基準となるので一概には言えませんが、年収はおおよそ600万円前後です。

難易度と試験対策

鉛作業主任者は労働安全衛生法に規定されたいくつかの作業主任者としての国家資格の一つです。
鉛作業主任者の資格を得るには、特に受講制限が設けられていない鉛作業に関する技能講習を修了することであるため、特段の試験対策は必要ありません。この技能講習を修了した者のなかから勤務先などの事業者が選任することになっています。
技能講習の内容は、健康障害とその予防措置に関する知識、作業環境の改善方法に関する知識、保護具に関する知識、関係法令で構成され、最後に習熟度を確認するための修了試験が行われます。
資格の難易度度しては、受講によって取得することができるため比較的難易度がやさしい部類に入りますが、当該作業を行う事業所には必置の資格です。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

フォークリフト運転者

フォークリフト運転者は、日本においてフォークリフト運転技能講習、または、フォークリフト運転特別教育を修了した者である。 労働安全衛生法第61条、第76条(技能講習)、第59条(特別教育)にて規定されている。フォークリフト操縦者は、ヘルメットにフォークリフトステッカーを貼り付けることができる。 各地の指定教習機関で学科、実技に合格すれば、取得できます。

デリック運転士

つり上げ荷重が5トン以上の天井クレーン、橋形クレーン、ジブクレーン、ガイデリック、スチフレッグデリック、ジンポールなどの各種クレーン及びデリックを運転するために必要な資格でで、「クレーン・デリック運転士(限定なし)」は、すべてのクレーンとデリックを運転できます。「クレーン・デリック運転士〔クレーン限定〕」は、クレーンのみ運転でき、「クレーン・デリック運転士...

ガス溶接技能者

ガス溶接技能者とは、建設現場などでガスを用いる溶接を行うための技能者です。 事故を防いで安全に仕事をするために、法律(労働安全衛生法に基づく労働安全衛生規則)によって、この作業をするにはガス溶接技能講習を修了していること、と決められています。

参考書籍

  • 新版 鉛作業主任者テキスト
  • 特定化学物質・四アルキル鉛等作業主任者テキスト
  • 特定化学物質・四アルキル鉛等作業主任者テキスト