資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

衛生管理者の基礎知識

衛生管理者とは?

衛生管理者とは、労働環境の衛生的改善と事業場の衛生全般の管理を担当する資格です。常時50人以上の労働者が働く事業場では一定数以上の衛生管理者を選任する必要があるため、職種問わずニーズの高い資格となっています。

仕事について

衛生管理者とは職場の安全環境を整え、労働災害などを防ぐ役割を持った方のことを言います。具体的には定期的に健康診断を実施したり、救急箱を点検したり、職場の衛生面をチェックしたりなどで、その業務内容は幅広いものとなっています。例えば50人以上従業員がいる企業の場合、1人以上の管理者の配置が必要だと労働安全衛生法により義務付けられておりますが、地震やアスベスト問題、食品問題などが取りざたされている近年、企業もますますその必要性を感じているにも関わらず、現在はまだまだ資格取得者の数が足りないといった状況です。そのため、衛生管理者の資格取得者は会社に優遇される可能性が高く、取得すれば収入の安定や出世につながりやすいというメリットもあります。

年収について

職場で働く労働者が、健康で快適に仕事ができるためにはどうすればいいのかを考え、実行していくのが衛生管理者の役目です。主要管理業務をまとめると5つに分けることができ、それは総括管理、作業衛生管理、環境管理、作業管理、そして労働衛生教育です。勤務先は企業の総務部や人事部で、独立しておこなう業務ではありません。衛生管理者の業務は就職した企業の就労規定に準じています。基本が50人以上からの事業体に必要とされる仕事なので、最先端の成長企業で働きたいというひとにはぴったりだと思います。この資格をもっている人の収入はその企業の基準によるところが多く、平均いくらであるということはないのですが、ソフトウエア産業などの初年度の年収は250万~300万というところです。

難易度と試験対策

衛生管理者とは労働安全衛生法により50人以上が働く事業場に配置が義務付けられる労働衛生に関する技術的事項を管理する者です。この衛生管理者になるためには、管理者試験に合格し都道府県の労働局長から免許の交付を受けなければなりません。
管理者の試験の範囲は非常に広く、覚えるべき専門用語の数も非常に多くなっています。よって独学によりすべての範囲の内容を理解することは困難であることから、これまでに試験を合格した人の経験談を聞くと誰しもテキストを活用しての学習よりも過去問題集に重点的に取り組んで成功した例が圧倒的に多くなっています。
過去5年程度の問題集を解き、その結果、答えることが出来なかったり、内容を理解できない部分についてテキストを参考にして学習するのが試験対策として有効です。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

コンクリート橋架設等作業主任者

橋梁の上部構造であってコンクリート造のもの(その高さが5m以上又は支間が30m以上の部分のもの)の架設、又は変更の作業を行う場合は、都道府県労働局長の登録する機関で行う技術講習を修了した者の中から、コンクリート橋架設等作業主任者を選任してその者に作業に従事する労働者の指揮等を行わせなければならず、その、橋梁の架設作業などの安全確保に努める責任者であることを認...

酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者

酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者とは、労働安全衛生法に定められた作業主任者のことで酸素欠乏危険作業主任者技能講習か酸素欠乏硫化水素危険作業主任者技能講習を修了した人のなかから事業者が選任します。span class="yellow">国家資格なので職場によっては重宝されます。

有機溶剤作業主任者

有機溶剤作業主任者とは労働安全法の定められた国家資格の一つで、当該資格にかかる技能講習を修了したものの中から事業者が選任します。 資格者を選任する必要がある事業場等は、屋内作業場などにおいて一定の有機溶剤を製造あるいは取り扱う業務を行うもので、省令で定める作業を行う事業上等です。

参考書籍

  • 7日間完成 衛生管理者試験合格塾
  • 出るとこだけ! 第1種衛生管理者試験頻出300問
  • 出るとこマスター! 衛生管理者試験 過去問題完全攻略 平成25年上期版