資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

ISO14001内部監査員の基礎知識

ISO14001内部監査員とは?

ISO14001内部監査員とは、企業で製品化されたISO10441が、ISOの定めている審査基準に適合にしているかどうかを内部監査する監査員です。この内部監査はISOの本審査前の模擬的な監査です。企業内部での品質をチェックするための大切な業務を任されます。

仕事について

ISO14001とは、環境の国際規格のことです。企業が、一番環境のためになることを考え、行動する規格です。ISO14001内部監査員は、あらゆる形の課題を指摘し、改善を提案する仕事です。自分たちだからこそ、企業の改善するべきところを発見する事ができ、環境マネジメントをフォローできるところは、企業の最大のメリットにつながります。ISO14001内部監査員は、環境に関する問題を、企業内のルールにのっとり、適合しているかどうかの判断や、意思決定を決める事ができます。又、改善方法などのプレゼンテーションもでき、効果が出るように引き出していくのも、役目の一つです。質の高い内部監査を行う事により、企業の環境マネジメントに役に立つので、重要視されています。

年収について

会社内でISO14001に則って業務が行われているかどうかをチェックするのがISO14001内部監査員ですが、これは会社内での任命によって決定されます。年間の収入にして100万円からの増加が見込め、また任命されることで職場での信頼が増し、任される仕事の量も多くなってきます。ISO14001の特徴から環境に対する理解度が求められますが、この仕事を行うことによる魅力が大きいことも知っておきましょう。充実して仕事を行いたい方や、さらなるキャリアアップを狙う方には特にオススメする資格です。まずは先任の方や上司の方へ自分をアピールし、仕事を任せてもらえるようにすることから始めましょう。

難易度と試験対策

ISO14001内部監査員は公的な資格ではなく各会社が認めた役割です。ISO14001の認証を受けている会社やこれから認証を受けようとしている会社は環境マネジメントシステム構築や維持のための日常活動の取りまとめ役として内部監査員をおいています。会社のISO14001の管理責任者が任命すれば誰でもなれるものです。とはいっても環境マネジメントシステムを遂行し、社内をとりまとめる役割なので必要な知識を身に付けておく必要があります。各会社内の規定で内部監査員の必要な要件を定めています。特別な試験対策というものはありませんが、ISO14001内部監査員養成コースといった研修会が開催されていますのでこれらを受講して必要な知識と経験を身に付けるのも一つの方法です。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

ISO14001審査員

ISO14001審査員とは国際標準化機構による国際規格のうち環境マネジメントシステムの適合性の審査を行う専門家のことです。 この資格を取得するには、関係団体が指定する研修機関で研修を受講し、筆記試験に合格することが必要です。

衛生管理者

衛生管理者とは、労働環境の衛生的改善と事業場の衛生全般の管理を担当する資格です。常時50人以上の労働者が働く事業場では一定数以上の衛生管理者を選任する必要があるため、職種問わずニーズの高い資格となっています。

コンクリート破砕器 作業主任者

コンクリート破砕器作業主任者とは、コンクリート破砕器を用いて作業を行う際に安全面の管理や、作業方法などの監督、指導を行う責任者のことです。 コンクリート破砕器主任者資格を取得するためには、「コンクリート破砕器作業主任者技能講習」を受講し、全過程を修了し、修了試験に合格する必要があります。

参考書籍

  • マネジメントシステム監査員検定4級問題集
  • ISO14001内部環境監査員の実務入門―2004年版対応
  • ISO14001内部環境監査員の実務入門