資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

環境カウンセラーの基礎知識

環境カウンセラーとは?

環境カウンセラーとは、環境保全に関わる組織に対して助言を行うことができる資格です。この資格は事業者部門と市民部門に分かれており、それぞれの対象について専門的な環境対策のための助言などを行うことができるものです。

仕事について

人生経験豊かに過ごしてきて、常々、環境を考え、自然を愛し、問題視してきた方は向いていると思います。毎年、募集期間があって、論文を書いて認められたら、面接を受け、更にその人自身の人となりを評価されるとカウンセラーとして選出されます。仕事はあらゆる環境に関したことに通じるわけですから、とても漠然とはしていますが、1年中全国から引く手あまた、仕事の依頼があります。体力勝負の仕事から、クリエイティブなものまであります。損得感情なく、純粋に、環境を考えていく人ならやりがいがあって自分自身にも大きなメリットになります。

年収について

環境カウンセラーというのは近代環境のことを考える人が沢山増えてきたことにより生まれ、需要が増えていった職業です。では、この職業で生計を立てる事ができるでしょうか。まだ新しく生まれたものなので、基本的な相場はまだ確立されていませんので、今の段階では何とも言えない状況ですが将来的には成長が期待できます。この職業の収入の最大の特徴は、ボランティアとして0円で仕事をする機会があるところです。もし生計を立てようとして働いて仕事があったとしても、気をつけないとボランティアとなってしまうおそれがあるのです。逆に無料でもいいから誰かの為になりたい人は心配する必要はないですし、寧ろどんどん依頼を受けて行った方がより楽しいでしょう。

難易度と試験対策

環境カウンセラーは、国家資格ではありません。民間資格で受験資格は20歳以上の人、試験日は年に一度で書面審査と面接審査があります。申し込みは7月から8月で10月末発表の書面審査に合格しないと面接審査はおこなえれません。面接審査は11月ごろです。試験会場は東京、大阪です。受験料は無料です。書面審査は、指定されたテーマに沿った論文を書いて提出しないといけません。出題例は2000字以上4000字以内です。試験対策のために論文をかく練習が必要です。合格率は、その年によって事業者と市民の受験者によって多少合格率に差がでますが、低いときは30%前後、高いときは70%超の高い合格率のときもあります。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

環境計量士

環境計量士とは国家資格で、その所管は経済産業省になります。 環境計量士は環境に関する濃度や騒音や振動などのレベルを性格に測定し分析する技術者なので、都道府県知事による登録を受けて測定結果の証明をする事業所などで働けます。

東京都公害防止管理者

東京都公害防止管理者とは、東京都の中小企業において環境確保条例の規定に基づく工場で公害を防止する管理者のことです。 東京都公害防止管理者になるためには、講習を修了する必要があり、終了後に資格が与えられ、東京都のみに適応されます。

臭気判定士

臭気判定士とは悪臭防止法の改正に基づいて制定された臭気の判定に関する国家資格です。 臭気測定法による臭気指数規制が導入されたことにより、悪臭を発する事業者等に対する改善勧告や命令が行われるようになったことから、その正しい測定と評価が求められるようになったため制定されました。

参考書籍

  • こんなにおもしろい環境カウンセラーの仕事