資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

環境計量士の基礎知識

環境計量士とは?

環境計量士とは国家資格で、その所管は経済産業省になります。
環境計量士は環境に関する濃度や騒音や振動などのレベルを性格に測定し分析する技術者なので、都道府県知事による登録を受けて測定結果の証明をする事業所などで働けます。

仕事について

環境計量士とは、環境内での各種成分濃度や騒音、振動に関して計量を行い、その結果を公に証明することができる資格です。社会の環境問題への高まりから、この環境計量士は産業や環境保護の分野で大いに必要とされています。そのため、この資格を活かして、産業や環境保護関連の職種の就職活動を有利に運ぶことができるのが大きなメリットです。また、作業環境測定士や公害防止管理士など、産業や環境保護に関する他の資格を新たに取得することを進めていく場合には、あらかじめこの資格を取得しておくことによって国家試験の免除などを受けることができ、作業環境測定士や公害防止管理士などの資格取得のためのハードルを大幅に下げることができます。

年収について

環境計量士の収入は、年収400万~500万程度です。主な職場は、環境分析専門の会社、製造業での環境分析部門などですが、企業の規模もよっても収入は異なり、大手・上場企業では高くなっています。環境問題への意識が社会全体で高まっているので、受験者は増加しています。しかし、難関資格のため資格取得者数は依然として少ないので、取得者は就職で有利になり、重要なポストでの活躍も期待できます。計量事務所では資格保持者の在籍が義務付けられているので、一定の需要があります。分析業務を主な業務としていない環境関連の会社の選考でも、良いアピールポイントになります。学生のうちに取得しておけば、就職活動で評価されやすくなります。

難易度と試験対策

環境計量士は二つの試験に分かれています。ひとつは濃度を計るためともうひとつは振動や騒音に関するものです。どちらも資格の制限はないため誰でも取得できます。試験は3月上旬の日曜日に行われますが申し込み期間が10月中旬から下旬にかけてなので早めに申し込みます。経済産業庁が行っている試験で試験地は全国にあります。合格率は騒音で16%前後です。試験は筆記試験で行われ五択のなかから選んでいきます。1科目につき25問の問題が出ます。試験対策は濃度の試験は環境問題に関するもので計量に関して問題が出ます。振動や騒音の方の試験は音響に関するレベルの計量や音圧に関するものが出ますからテキストをよく読むことで理解を深めていきます。

問い合わせ
経済産業省

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

環境管理士

環境管理士とは、環境保全のための意欲の増進及び環境教育の推進に関する法律に規定する人材育成・人材認定制度のための資格であり、特定非営利活動法人日本環境管理協会が実施する試験に合格した者に与えられる資格です。

東京都公害防止管理者

東京都公害防止管理者とは、東京都の中小企業において環境確保条例の規定に基づく工場で公害を防止する管理者のことです。 東京都公害防止管理者になるためには、講習を修了する必要があり、終了後に資格が与えられ、東京都のみに適応されます。

環境カウンセラー

環境カウンセラーとは、環境保全に関わる組織に対して助言を行うことができる資格です。この資格は事業者部門と市民部門に分かれており、それぞれの対象について専門的な環境対策のための助言などを行うことができるものです。

参考書籍

  • よくわかる!  環境計量士試験 濃度関係 (国家・資格シリーズ 109)
  • 環境計量士への近道〈上〉
  • 環境計量士国家試験問題の正解と解説〈第38回〉