資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

木材加工用機械作業主任者の基礎知識

木材加工用機械作業主任者とは?

木材加工所において、特定の機械を5台以上常備している場所は、作業主任者という地位を配置しなければなりません。
そして、作業主任者には、木材加工用機械作業主任者の資格試験に合格した人材が必要となり木材加工用機械作業主任者の資格は必須となります。

仕事について

 【仕事内容】
木材加工用機械作業主任者の仕事は、丸のこ盤、かんな盤などの、木材加工用における特定の機械を5台以上おいている場所で、作業が安全に、そして効率よく進むように、監督することです。
木材加工用機械作業主任者は、木材加工用機械を扱う作業現場において、作業を直接的に指揮したり、機械やその安全性を点検したりという仕事を行います。このほか、現場での作業中において、治具や工具の使用状況をしっかり管理し、また木材加工用危害に異常が認められた場合は、ただちに適切な処置を行う必要があります。

木材加工用機械作業主任者とは、木材を加工する仕事現場において安全に作業を継続するためには、必ずなくてはならないポジションであるといえるでしょう。

年収について

木材加工用機械作業主任者の正確な平均収入については、現在では確かなことは明らかにされていません。木材加工用機械作業主任者ではなく、その理由として、実際に木材を加工する仕事の場合は、派遣社員やアルバイトの求人が多いからです。
派遣社員やアルバイトの場合は、時給がおよそ1000円くらいと、年収については、大きな収入は望めない傾向にあります。
木材加工用機械作業主任者の場合は、それ以上の収入を見込めるでしょうが、正確な値については明確とされていません。

 【待遇面】
木材加工用機械作業主任者の資格を持っていると、木材を加工する工場や工事現場への就職が有利になります。また、就職をした後も、木材加工用機械作業主任者の資格に合わせた年収アップや、手当といったメリットがあります。

難易度と試験対策

 【難易度】
木材加工用機械作業主任者の資格試験の難易度は、かなり易しく、合格率も約90%と、よほどのことがない限り不合格にはならない傾向にあります。

 【試験対策】
木材加工用機械作業主任者の試験を受けるには、まず所定の講習を受けなければなりません。この講習は、労働基準監督署が主催しており、18歳以上であり、また木材加工用の作業に従事した経験が3年以上であれば、受講することができます。
約16時間の講習を2日間で受講したら、修了考査を行います。この修了考査に郷学すると、木材加工用機械作業主任者の資格が授与されます。
よって、試験対策としては、しかりと講習を受け、真剣に勉強を行うという取り組み方の姿勢が必要となります。

関連資格

ISO9001内部監査員

ISO9001内部監査員とは、ISO9001に基づき、ISO要求事項およびマニュアルどおり運用されているかを審査する資格になります。また、ISOシステムの有効性の審査も行う資格があり、非常にニーズの高い資格です。

コンクリート橋架設等作業主任者

橋梁の上部構造であってコンクリート造のもの(その高さが5m以上又は支間が30m以上の部分のもの)の架設、又は変更の作業を行う場合は、都道府県労働局長の登録する機関で行う技術講習を修了した者の中から、コンクリート橋架設等作業主任者を選任してその者に作業に従事する労働者の指揮等を行わせなければならず、その、橋梁の架設作業などの安全確保に努める責任者であることを認...

ガス溶接作業主任者

ガス溶接作業主任者とは、ガス溶接技能者の上位となる国家資格です。 アセチレン溶接装置、あるいはガス集合溶接装置を使って金属の溶接・溶断・加熱作業を行っていく場合には、ガス溶接作業主任者の免許をもっている者のなかから、溶接作業主任者を選任することが定められいます。 ガス溶接作業主任者は作業の前に、作業全般における責任者として安全...