資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

木材加工用機械作業主任者の基礎知識

木材加工用機械作業主任者とは?

木材加工所において、特定の機械を5台以上常備している場所は、作業主任者という地位を配置しなければなりません。
そして、作業主任者には、木材加工用機械作業主任者の資格試験に合格した人材が必要となり木材加工用機械作業主任者の資格は必須となります。

仕事について

 【仕事内容】
木材加工用機械作業主任者の仕事は、丸のこ盤、かんな盤などの、木材加工用における特定の機械を5台以上おいている場所で、作業が安全に、そして効率よく進むように、監督することです。
木材加工用機械作業主任者は、木材加工用機械を扱う作業現場において、作業を直接的に指揮したり、機械やその安全性を点検したりという仕事を行います。このほか、現場での作業中において、治具や工具の使用状況をしっかり管理し、また木材加工用危害に異常が認められた場合は、ただちに適切な処置を行う必要があります。

木材加工用機械作業主任者とは、木材を加工する仕事現場において安全に作業を継続するためには、必ずなくてはならないポジションであるといえるでしょう。

年収について

木材加工用機械作業主任者の正確な平均収入については、現在では確かなことは明らかにされていません。木材加工用機械作業主任者ではなく、その理由として、実際に木材を加工する仕事の場合は、派遣社員やアルバイトの求人が多いからです。
派遣社員やアルバイトの場合は、時給がおよそ1000円くらいと、年収については、大きな収入は望めない傾向にあります。
木材加工用機械作業主任者の場合は、それ以上の収入を見込めるでしょうが、正確な値については明確とされていません。

 【待遇面】
木材加工用機械作業主任者の資格を持っていると、木材を加工する工場や工事現場への就職が有利になります。また、就職をした後も、木材加工用機械作業主任者の資格に合わせた年収アップや、手当といったメリットがあります。

難易度と試験対策

 【難易度】
木材加工用機械作業主任者の資格試験の難易度は、かなり易しく、合格率も約90%と、よほどのことがない限り不合格にはならない傾向にあります。

 【試験対策】
木材加工用機械作業主任者の試験を受けるには、まず所定の講習を受けなければなりません。この講習は、労働基準監督署が主催しており、18歳以上であり、また木材加工用の作業に従事した経験が3年以上であれば、受講することができます。
約16時間の講習を2日間で受講したら、修了考査を行います。この修了考査に郷学すると、木材加工用機械作業主任者の資格が授与されます。
よって、試験対策としては、しかりと講習を受け、真剣に勉強を行うという取り組み方の姿勢が必要となります。

関連資格

衛生工学衛生管理者

衛生工学衛生管理者とは、有毒ガスや蒸気、粉塵など人体に有害な物質が発生する作業場での作業環境の改善指導を行う資格です。林業、鉱業、建設業、清掃業、製造業、自動車整備業、機械修理業など幅広い職種でニーズがあります。

コンクリート造の工作物の解体等作業主任者

高さが5m以上のコンクリート造の工作物の解体、または破壊の作業をする場合にはこの資格者が必要です。 コンクリート造の工作物の解体等作業主任者の資格を取得する為には、コンクリート造の工作物の解体等作業主任者技能講習を受講し修了試験に合格する必要があります。  

コンクリート破砕器 作業主任者

コンクリート破砕器作業主任者とは、コンクリート破砕器を用いて作業を行う際に安全面の管理や、作業方法などの監督、指導を行う責任者のことです。 コンクリート破砕器主任者資格を取得するためには、「コンクリート破砕器作業主任者技能講習」を受講し、全過程を修了し、修了試験に合格する必要があります。