資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

作業環境測定士の基礎知識

作業環境測定士とは?

作業環境測定士とは、厚生労働大臣の登録を受けて、指定作業場における作業環境測定の業務を行う者のことをいいます。作業環境測定士試験に合格したあとで、都道府県労働局長などの講習を受けてはじめて取得できます。資格手当がつく場合がおおいです。

仕事について

作業環境測定士とは放射性物質や有機溶剤、その他には鉛、鉱物の粉塵が発生する作業場の作業環境を測定し分析して、それを改善する専門家というわけです。また作業環境測定法にもとづいて労働作業者の職場環境の有害物質を調査するため、デザインと呼ばれる調査計画、サンプリングと呼ばれる試料採取を分析します。いわば労働作業者の健康を守る役目というわけです。作業環境測定士としての求人を探した場合実はあまりありません。ほとんどがたまたまこの資格が必要な会社に入って後から取るという人が多いからです。もしそのような会社に入ったならば資格を取るメリットは十分にあり、国家資格でもありますから資格が無いと作業ができないので資格取得者が必ず必要となるからです。

年収について

作業環境測定士とは、職場の環境に有害な物質があるか、その職場は安全であるのかを調べる仕事のことです。この仕事をするためには、国家資格であるため難関な試験を突破する必要があり、さらに、試験に合格するだけでなく測定士に必要なほかの資格も保持してなければなりません。また、厚生労働大臣や各都道府県が定める講習も終了していなければならず、ハードルはかなり高いと言えます。年収は700万円ほどが平均であり、そこまで高額な仕事ではありませんが、国家資格であるため収入は安定していますし、需要が尽きるなどということはありませんから、安心して働き続けることができる仕事です。また、長く続けていれば昇給もあり、安定して稼げます。

難易度と試験対策

作業環境測定士の資格を取得するためには、試験合格し、かつ、都道府県労働局長または厚生労働大臣もしくは都道府県労働局長の指定する者がおこなう講習を修了したものです。試験には1種、2種と区分されています。試験日は1種が毎年8月下旬gろの2日間、第二種は、毎年8月の下旬頃の1日間と二月中旬ごろの一日間でおこなわれます。試験対策としては、過去問を解いたり、1種・2種によって内容が違いますので、受験する内容を参考書などで勉強しておきましょう。オススメされている参考書などをしらべてみたり、勉強しやすい内容のものを選びましょう。この資格の合格率は1種が60%前後、2種は28%前後となっております。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

廃棄物処理施設技術管理者

廃棄物処理施設技術管理者とは、一般廃棄物処理施設または産業廃棄物処理施設に置かれる、施設の維持管理に関する技術を評価される資格です。廃棄物処理施設は全国にたくさん存在しており、非常に高い需要のある資格です。

環境管理士

環境管理士とは、環境保全のための意欲の増進及び環境教育の推進に関する法律に規定する人材育成・人材認定制度のための資格であり、特定非営利活動法人日本環境管理協会が実施する試験に合格した者に与えられる資格です。

環境計量士

環境計量士とは国家資格で、その所管は経済産業省になります。 環境計量士は環境に関する濃度や騒音や振動などのレベルを性格に測定し分析する技術者なので、都道府県知事による登録を受けて測定結果の証明をする事業所などで働けます。

参考書籍

  • 第1種・第2種作業環境測定士試験 精選問題集 (LICENCE BOOKS)
  • 作業環境測定法 作業環境測定士試験ガイドブック