資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

有機溶剤作業主任者の基礎知識

有機溶剤作業主任者とは?

有機溶剤作業主任者とは労働安全法の定められた国家資格の一つで、当該資格にかかる技能講習を修了したものの中から事業者が選任します。
資格者を選任する必要がある事業場等は、屋内作業場などにおいて一定の有機溶剤を製造あるいは取り扱う業務を行うもので、省令で定める作業を行う事業上等です。

仕事について

有機溶剤作業主任者とは、有機溶剤を使用する作業現場において、作業者に溶剤による身体的な被害が及ぶことを防止するための安全監督や作業指揮を行える資格です。具体的には、溶剤を原材料として扱う製造業や、シンナーやラッカーなどの薬品を扱う塗装業や塗料販売業、クリーニング業など様々な業界で、現場の責任者や管理者は必ずこの資格を有していることが求められます。このように有機溶剤作業主任者の資格を取得していることで活躍できる業界は非常に数多くあるため、資格を保持していることで様々な業界への転職やキャリアアップにつながるというメリットがあります。

年収について

労働者が有機溶剤に汚染されないように作業の方法を決定し、廃棄・換気装置の点検・整備、保護具の使用状況を監視し安全指導を行います。有機溶剤を使用して作業を行う時は、有機溶剤作業主任者を配置しなくてはならないため有資格者は優遇されます。自動塗装オペレーター、塗装工、修理メンテナンス、プリント基板製造業などの求人があります。収入は経験や実績などにもよりますが月給15万円から45万円が求人情報誌などに記載されています。

難易度と試験対策

有機溶剤作業主任者は作業中の工事現場などで空気が悪い所など人体に影響があると思われる場所を点検したり作業指揮する資格です。受験は18歳以上なら誰でもできます。有機溶剤作業主任者の講習2日間と修了試験を受けます。試験対策は有機溶剤による健康障害に関する予防の知識や作業環境の改善に関するものがあります。各教習機関によってテキストが出ていますからしっかりポイントを押さえて受講するようにします。有機溶剤の保護具に関しての問題も出ますから種類についても把握しておきます。関連法令では労働安全衛生法が出てきますから施行令をよく読んで有機溶剤と関連づけながら講習を受けるようにします。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

ボイラー据付工事作業主任者

ボイラー据付け工事作業主任者は、2006年3月31日まで労働安全衛生法に規定されていた作業主任者のひとつ。ボイラー据付け工事作業主任者技能講習を修了した者の中から選任されることとなっていたが、2006年4月1日に法令改正が施行され、ボイラー据付け工事作業主任者の制度(技能講習を含む)は廃止。現在は、事業者が、能力を有する者の中から「ボイラー据付け作業の指揮者」を指名す...

コンクリート破砕器 作業主任者

コンクリート破砕器作業主任者とは、コンクリート破砕器を用いて作業を行う際に安全面の管理や、作業方法などの監督、指導を行う責任者のことです。 コンクリート破砕器主任者資格を取得するためには、「コンクリート破砕器作業主任者技能講習」を受講し、全過程を修了し、修了試験に合格する必要があります。

酸素欠乏危険作業主任者

酸素欠乏危険作業主任者とは、労働安全衛生法でさだめられている国家資格です。酸素欠乏症などの恐れのある場所で作業を行うときに、中毒を防止して傷病者への応急手当などをするため、酸素欠乏危険作業主任者がえらばれます。

参考書籍

  • 有機溶剤作業主任者テキスト
  • 新版 有機溶剤作業主任者テキスト
  • 有機溶剤作業主任者テキスト