資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

防災士の基礎知識

防災士とは?

防災士とは、社会の減災と防災力の向上のための活動を行い、その知識と能力が認められる者に与えられる資格です。平時には防災に関する啓蒙活動などを行い、災害時には被災者の救助や避難所の運営にあたる役割を担います。

仕事について

地震の被害等の災害の時のボランティアが、足りない状況で、国や自治体からの要請等も受けて活動しています。活動は、自助、共助、公助の三種類があり、災害直後の最初の活動が主になります。自助は自らを守る行動、共助は地域市民とともに助け合う行動、公助は、国や自治体による行動になります。やはり、災害や地震に向き合う事は、なかなかできない事なので、良い機会になります。人を助ける検定には自分にもメリットがあります。

年収について

防災士という仕事は基本的にボランティアでの活動になってしまう為、この資格を取得しても得られる収入にはあまり期待が出来ません。また、専門的な知識を得ることは出来ますが、取得までにかかる費用が高いのも事実で、実際の収入と見合っていないと考える人もいます。

難易度と試験対策

防災士の資格は定められたカリキュラムの履修と試験を受けることで得ることができます。資格取得の流れとして、受験申し込みを行うと自宅学習用のレポートが送付されてくるので履修後提出し、会場研修および救急救命講習を受講します。その後試験を受けて合格すると登録申請して資格取得となります。試験日程は約1ヶ月に1回開催されており、合格率は約98%です。試験対策としては研修や講習で配布される教本を参考にしながら重要なポイントを把握しておけば十分合格することが可能です。試験に出題されるポイントは研修や講習中に教えてくれることもあります。特に市販されている問題集を購入しなくても研修と講習をしっかり受講しておくだけで十分な対策となります。

問い合わせ
防災士研修センター

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

防火管理技能者

防火管理技能者とは、、一定規模以上の建築物において防火管理者としての業務を行うために、高度な技術と知識を有する人のことです。 防火管理技能者になるためには、東京防災救急協会の定める講習に参加し、修了証を受け取る必要があります。

自衛消防技術試験

自衛消防技術試験とはとても有名な難しい試験の一つです。おおくの消防職員などがこの資格の所得に挑戦しますが合格率は3割ほどの試験なのです。またこの試験を持っていると給料があがるのでぜひとっておくことをお勧めします。