資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

自衛消防技術試験の基礎知識

自衛消防技術試験とは?

自衛消防技術試験とはとても有名な難しい試験の一つです。おおくの消防職員などがこの資格の所得に挑戦しますが合格率は3割ほどの試験なのです。またこの試験を持っていると給料があがるのでぜひとっておくことをお勧めします。

仕事について

自衛消防技術試験はビルの管理に必要な資格で、火災が発生した際に消防活動が困難な場合や、人名の危険がある場合、自衛消防活動の中核要因の配置が義務付けられています。自衛消防活動の中核要因は非常に重要で、災害時に状況に応じて的確に活動を行い、消防隊に協力を行ったり、設備の監視や操作など維持や管理をする必要があります。メリットはビル管理会社への就職を行いやすくなったり、警備会社に就職しやすくなったりする点です。自衛消防技術試験はビル管理や警備に必須な資格なので持っていると就職や転職に有利です。

年収について

この職務についての手当を受けることで、年収にして50万~100万円ほどの増加が見込めます。収入アップはもちろん、職場での責任や信頼を大きく獲得することができるのが自衛消防技術試験です。また。映画館などの自衛消防組織が必須になる職場では、その注目度は高くなっています。こうした職場で働く場合には後から資格の取得を求められる場合も多く、事前に取得をしておけば高収入で仕事を開始することが可能です。消防法や建築物への知識、また傷病者への応急措置などの技術等求められることは多いですが、必要とされる現場は数多くあるのが現状です。

難易度と試験対策

自衛消防技術試験は、東京都の火災予防条例に基づいて行われる試験です。合格者には、自衛消防技術認定書が交付されます。東京都では、一定規模を有する建物・事業所には自衛消防活動の要になる人員を配置する必要があります。自衛消防技術認定を受けることで業務につくことができます。東京都だけの制度ですが、取得することで施設警備やビルメンテナンスの業務に役立ちます。受験は誰でも受けることが可能です。試験は月に2~4回行われています。試験科目は筆記と実技2科目です。試験対策としては、自衛消防技術試験準備講習会を受けると良いです。講習会では、筆記試験対策の講義と実技試験に備えて、試験で使われる機材を使った講習を行います。

問い合わせ
東京消防庁

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

防火管理技能者

防火管理技能者とは、、一定規模以上の建築物において防火管理者としての業務を行うために、高度な技術と知識を有する人のことです。 防火管理技能者になるためには、東京防災救急協会の定める講習に参加し、修了証を受け取る必要があります。

防災士

防災士とは、社会の減災と防災力の向上のための活動を行い、その知識と能力が認められる者に与えられる資格です。平時には防災に関する啓蒙活動などを行い、災害時には被災者の救助や避難所の運営にあたる役割を担います。

参考書籍

  • 自衛消防訓練マニュアル
  • 防火管理者必携 防火・防災安全計画Q&A