資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

管理美容師の基礎知識

管理美容師とは?

管理美容師とは、店舗に一人は必ずいる衛生面や他にも様々なことを管理している人のことです。管理美容師は、資格が必要なので誰でもなれるわけではありません。管理美容師になるには、国家資格を受け認定されなくてはなりません。衛生や経営の知識を身につけた人だけがなることができるのです。

仕事について

管理美容師とは、美容所の管理者のことです。美容師法第十二条の三により、美容師である従業員者の数が、常時二人以上である美容所の開設者は、当該美容所を衛生的に管理させるために、美容所ごとに管理美容師を置かなければならないとしています。受験資格は美容師免許を受けた後三年以上の実務経験を持つことであり、各都道府県ごとに違う内容ですが、公衆衛生学や美容所の衛生管理の講習を受講することで資格を取得でき、その手軽さがひとつのメリットであると言えます。また、今はサロンに勤務していても、いずれは独立して自分の店を持ちたい、という人であれば取得しておいたほうが良い資格です。仮にそうでなくても、事実上どのサロンでも雇うことが義務付けられているので、将来の安定を考えれば取得するにこしたことはありません。

年収について

美容師の中でも上位に位置づけられるのが管理美容師です。年収は200万円~600万円ほど、時給にすると通常の美容師に比べ1000円ほど増加します。美容師として独立開業する際には必ず求められる資格であり、業界内においても活躍していると認識されます。取得の際には美容師として3年以上の業務経験が条件となり、そのうえで講習を受ける必要があります。通常の美容師に比べ、より専門的な知識と、管理者としてのスキルを持っていることが求められます。美容店には必ず管理美容師を置かなければならず、求人は常に一定数あるのが現状です。またこの資格があれば自分の店舗を持ち、従業員を雇うことが可能になり、大きく収入を伸ばすこともできます。

難易度と試験対策

美容師として、実績を三年以上積んで、更に自ら開業などをして、従業員を常時二人以上雇う場合、管理美容師の資格が必要となります。その場合、各都道府県により、講習があります。日程が都道府県によって決まりますので、ホームページなどでの確認が必要です。今まで取得した美容師免許と三年以上の美容師として実績が受講資格であり、受講すれば、管理美容師としての資格を得ることができます。ただし、注意点として、都道府県により資格の費用が違うこと、また、美容師を取得したときの本籍と現在の本籍が違ったり、結婚などで苗字が変更になった場合には、書き換え申請が必要になるので、早めに受講資格を得られるようにしておくようにしておくことが望ましいでしょう。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

パターンメーキング技術検定

パターンメーキング技術検定とは、(財)日本ファッション教育振興協会が実施する、パターンメーキングに関する検定試験です。 ファッション業界で活躍するパターン技術者の育成を目的とした試験制度で、デザイン画をもとに洋服などの生地のパターン(型紙)を正確に作成するための技術と知識を評価、認定します。レベルに応じて1~3級までの試験が実施されます。 パターンメーキン...

理容師

理容師とは、国家資格であり、専門の学校も通わなくてはなりません。一年間の学校と、通信で二年通う学校が選べます。専門の学校を卒業して、初めて受験資格が頂けます。試験も、実技と学科があり、実技に関しては、すごく練習しないと受かる事ができません。特に本人の努力が、必要な職業です。

ファッション販売能力検定

この検定は、ファッション販売の世界で活躍する際に必要とする基本的な知識 ・技術から、ショップ(お店)の運営管理ができるレベルまでの、3段階で検証する試験。1級はショップのマネジメントや運営、販売を任せることのできるレベルを対象に、販売計画、バイイング、在庫管理、利益管理、宣伝・販売促進、人材育成、売場演出などの力を問う。2・3級は、ファッション販売知識、フ...

参考書籍

  • シンプル衛生公衆衛生学 2013
  • わかりやすい公衆衛生学
  • NEW予防医学・公衆衛生学 (Nankodo’s essential wellーadvan)