資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

理容師の基礎知識

理容師とは?

理容師とは、国家資格であり、専門の学校も通わなくてはなりません。一年間の学校と、通信で二年通う学校が選べます。専門の学校を卒業して、初めて受験資格が頂けます。試験も、実技と学科があり、実技に関しては、すごく練習しないと受かる事ができません。特に本人の努力が、必要な職業です。

仕事について

美容師の資格を取得しているかたも理容師の資格を取るメリットがあります。お客様の顔そりです。お客様の顔そり、ひげそりというのは実は美容師の資格ではしてはいけないのです。刃物を顔にあてるからです。
就職の際にも、選択する店の幅が広がるのはたいへんすばらしいことであり、将来自分で開業をしようとするときにもきっと力となるのはまちがいありません。ブライダルエステで顔や背中までのシェービングも必要とされますが、この資格をもっていれば人気の結婚式場の美容室に就職するのも有利になるでしょう。どこにいっても貴重な技能を持つ人は必要とされていると思います。

年収について

平成24年の平均年収は、ボーナスを含めて273万円でした。月収でいうと22万円です。この結果を見て予想より低いと感じるかもしれません。過去12年間の統計を見ても、大きな変化はなく、増減を繰り返しながら270~280万円の間で変動しています。
その要因として挙げられることに、見習い期間があります。多くの見習い生が一人前になる前に辞めてしまうため、平均年収も低くなってしまいます。しかし、見習い期間を経て一人前になり、実力を備えれば、きちんと評価してもらえる世界でもあります。
理容師は顧客年齢層が高いため、リピーターがつきやすいと言われています。リピーターがつき、実力を評価してもらえれば、業績も安定するため収入も増えます。

難易度と試験対策

理容師の資格取得試験を受験するために、受験資格は、理容師の養成施設で課程を修了した人、養成施設で課程を修了したもので1年以上実地習練を経た人です。試験日は、八月ごろに実地試験、九月に筆記試験をおこなっています。合格率は、その年によってバラツキがありますが、50%~70%です。試験対策としては、過去問の試験を解くことと、実地試験のために技術の勉強もおこなうこと、美容に関する専門知識が必要なため、自分が覚えやすい方法で暗記をすることです。実技試験の審査マニュアルなども必ずみておき、勉強しておきましょう。試験会場は、実地試験は38都道府県で実施、筆記試験は15都道府県でおこなわれます。

問い合わせ
厚生労働省

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

シューフィッター

シューフィッターとは足と靴と健康協議会が養成と認定している資格で全国で3,000名以上の保有者がいます。 靴販売店などに勤務して、足の疾病を防ぐためにぴったりな靴を合わせるための資格でグレードごとに三段階に分かれています。

ファッション販売能力検定

この検定は、ファッション販売の世界で活躍する際に必要とする基本的な知識 ・技術から、ショップ(お店)の運営管理ができるレベルまでの、3段階で検証する試験。1級はショップのマネジメントや運営、販売を任せることのできるレベルを対象に、販売計画、バイイング、在庫管理、利益管理、宣伝・販売促進、人材育成、売場演出などの力を問う。2・3級は、ファッション販売知識、フ...

美容師

美容師とはパーマネントや化粧、染毛で見た目を美しくするもので厚生労働大臣の免許を受けてはじめて美容師として活動できます。美容師になるための試験は財団法人理容師美容師試験研修センターが行っており、各都道府県で年2回実施されています。

参考書籍

  • 理容師・美容師になろう (目指す人のためのよくわかるハンドブック)
  • 美容師・理容師になるには (なるにはBOOKS)