資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

カラーコーディネーター検定試験の基礎知識

カラーコーディネーター検定試験とは?

カラーコーディネーターとは、色の性質や特性を理解し、色の与える影響力をビジネスシーンに生かすことのできる人材のことです。
カラーコーディネーターになるには、カラーコーディネーター検定試験の級が求められることがあります。

仕事について

カラーコーディネーターのお仕事には、大きく分けて3種類あります。
 【アドバイザー】
新製品の色合いなどを提案するお仕事です。
商品の色によって人気や売り上げも変わってきますので、市場における需要を考慮したセンスが必要になります。
 【サポート】
都市計画などでの色彩のサポートをするお仕事です。色彩バランスの絶妙な、快適な街づくりを目指します。
 【色彩の提案】
個人レベルでの色彩や色の提案をするお仕事。
カラーコーディネートは、このような仕事内容となりますが、いずれにせよ、カラーコーディネーターの職についた場合、それぞれのシーンに合ったカラーコーディネート、そしてコンサルティングを求められるので、色彩についての技能、そしてセンスが必要となる仕事です。

年収について

様々なシーンにおいて最適なカラーコーディネートやコンサルティングを行うカラーコーディネーターという職業は、とても素敵でやりがいのある職業のように聞こえますが、その収入は、実はあまり高くないのが現状です。
 【平均年収】
カラーコーディネーターの平均年収は、約200万円前後となっています。
普通に生活していく分にはあまり困らないと思いますが、年収は低めとなっています。
 【併せて持つと良い資格】
実際、カラーコーディネーターだけでは食べていけないと思う人も多いようです。
そのため、カラーコーディネーター一本で生活するというよりは、建築士やインテリアコーディネーター、ファッションデザイナー、ジュエリーデザイナーなどの資格と併せて、カラーコーディネーターの資格を取得し、収入を伸ばすというケースが多いようです。

難易度と試験対策

カラーコーディネーター検定試験には、1級から3級までが用意されています。
 【難易度】
3級は合格率が約60%と易しめなのに対し、2級は30%、1級は>10%  【試験対策】
カラーコーディネーター検定試験のための問題集や対策本は、すでに多く出版されています。
そのため、合格を希望するならこのあたりの本で勉強すると良いでしょう。
また、大手資格スクールや、カラーコーディネーター養成学校で試験対策をするという方法もあります。勉強法は多岐にわたるので、比較的勉強のしやすい資格試験だといえます。

問い合わせ
東京商工会議所

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

色彩検定

色彩検定とは色に関する検定であり、感性に頼りがちな色の使い方を理論的に扱えるようになるためのものであります。文部科学省が後援する「技能検定」となっているため広められており、業界等関係なく日常生活にも役立つことから資格取得増加中の人気検定となっています。色彩に関する資格・検定には、カラーコーディネーター検定(主催:東京商工会議所)、...

フラワーカラーコーディネーター認定資格

「フラワーカラー」は、花の色に特化した色彩理論です。 色の知識・効果的な組み合わせ方は、何かをデザインする時に必要不可欠なもの。色の善し悪しで、全体の印象が変わると言っても過言ではありません。 また、色は花を扱う時だけではなく、ファッション・インテリア・メイクなど、私たちの生活にとても密着しています。フラワーカラーコーディネーター(FCC)ライセンスは、“知...

参考書籍

  • カラーコーディネーションの基礎―カラーコーディネーター検定試験3級公式テキスト〈第4版〉
  • カラーコーディネーター検定試験3級問題集―カラーコーディネーションの基礎
  • カラーコーディネーター検定試験2級問題集