資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

色彩検定の基礎知識

色彩検定とは?

色彩検定とは色に関する検定であり、感性に頼りがちな色の使い方を理論的に扱えるようになるためのものであります。文部科学省が後援する「技能検定」となっているため広められており、業界等関係なく日常生活にも役立つことから資格取得増加中の人気検定となっています。色彩に関する資格・検定には、カラーコーディネーター検定(主催:東京商工会議所)、色彩士検定(主催:全国美術デザイン専門学校教育振興会)等多くありますが、色彩検定3級では特に入門的な資格となっており、簡単に受験ができます。

仕事について

資格取得後に活かせる仕事としては、今まではファッションやインテリア、グラフィック関係のイメージが強かったですが、現在は企画職の方や商品開発の方などさまざまな分野、企業で活かせるものとなっております。資格自体は3級から1級まであり、1級になると実務で使えるレベルになりますので、資格を取得することでファッション、インテリア系の仕事では優遇されることが高くなります。ただ、この資格単体ではあまり価値がないのも実情としてあり、学んだことをご自身の仕事にどう活かすかはご自身次第であります。ただ、働く上での新たな視点にはなるので、使い方次第では優遇もされる仕事となります。

年収について

1級を取得することが出来れば、色彩の学校等の講師につくこともできますが、フリーランスに近いものとなっているので、収入は千差万別となります。デザイナーの仕事をする場合は、一つの目安として色彩検定2級以上に合格しているとアピール材料にはなってきます。また色彩検定はファッション業界が行い始めたという背景があるので、インテリアやファッション系では知名度もあり、優遇・収入が上がるということも多くあります。その他職種であれば、特に色彩検定のみで優遇、収入が上昇するということは難しいです。

難易度と試験対策

色彩検定には1級から3級と3つに分かれており、3・2級はマークシート形式、1級は1次試験がマークシート方式、2次試験が記述式となっています。また受験資格に条件がなく併願が可能ですので、1級と2級、2級と3級と同日に試験を受けることができます。試験会場は北海道から沖縄までありますが、1級2次試験は、札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・福岡の6エリアになっています。3級2級は、6月と11月の年2回、1級は1次試験11月、2次試験12月と年1回開催されます。合格ラインは約70%となっており、3級であれば少し勉強をすれば合格するレベルとなっています。3級は簡単に習得できることから学生の方の受験が非常に多く、人気となっております。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

カラーコーディネーター検定試験

カラーコーディネーターとは、色の性質や特性を理解し、色の与える影響力をビジネスシーンに生かすことのできる人材のことです。 カラーコーディネーターになるには、カラーコーディネーター検定試験の級が求められることがあります。

フラワーカラーコーディネーター認定資格

「フラワーカラー」は、花の色に特化した色彩理論です。 色の知識・効果的な組み合わせ方は、何かをデザインする時に必要不可欠なもの。色の善し悪しで、全体の印象が変わると言っても過言ではありません。 また、色は花を扱う時だけではなく、ファッション・インテリア・メイクなど、私たちの生活にとても密着しています。フラワーカラーコーディネーター(FCC)ライセンスは、“知...

参考書籍

  • A・F・T色彩検定 公式テキスト1級編
  • わかる!色彩検定2・3級問題集 A・F・T最新テキスト対応
  • 色彩検定過去問題集2012年度全級(2012)