資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

JKC トリマーの基礎知識

JKC トリマーとは?

トリマーとは、ペットの美容師のことで、ペットのシャンプーやブラッシング、カッティング、耳掃除などを行います。
トリマーになるためには資格認定が認定ですが、そのうち最も有名なものがJKC公認の認定試験となっています。

仕事について

 【仕事内容】
ペットのトリマーとは、お客さんのペットと触れ合い、より可愛らしい姿に変身させるお仕事です。
主に観賞用として飼育されている犬の毛のお手入れを行います。
犬の種類としては、トイプードルやコッカー・スパニエル、チワワにスコッティッシュ・テリアなど様々です。
こうした犬たちのシャンプー・リンスをしたり、ドライヤーをかけたり、毛のカッティングをしたりするのが、トリマーのお仕事です。また、爪切りや耳の掃除など、基本的なケアをしてあげることもあります。
プロのトリマーは、ペットショップなど、ペットを取り扱う施設で働くことが多いです。しかし、トリマーとして独立し、自分のショップを経営しているパターンも多くあります。

年収について

 【年収例】
人気職種の1つのトリマーですが、その収入はさほど高くはないのが現状です。平均月収が約15万円と、比較的高い方ではありません。
トリマーとして勤めている美容室やペットショップ、さらに動物病院などの規模にもよるものとされていますが、新人のトリマーだと年収250万円前後、さらに実務体験があると年収320万円前後ということになります。

 【年収をアップする為には】
ペットを取り扱う動物病院やペットショップに勤務するほか、開業してトリマーショップを開く、という方法もあります。
自分のお店の人気が高まり、繁盛すれば、自然と収入アップも目指せるとされていますが、トリマー自体の需要はそこまで高くはない傾向にありますので、本人のスキルやマーケティング能力にもより年収は変動するようです。

難易度と試験対策

 【難易度】
トリマー認定試験として、最も人気が高いのが、JKCの主催するもので、その難易度は、約9割と、比較的易しい傾向にあります。
受験者の約9割が女性、そしてそのほとんどが合格していますので、女性にとても人気の認定試験と言えるでしょう。
 【試験対策】
トリマー認定試験には、筆記試験と実技試験との2種が課されます。このうち、筆記試験の方はテキストをよく読んでおけば大丈夫です。
一方で、実技試験の場合は、実際にペットの美容ケアをする技能を問うため、トリマー専門学校などで、トリミングの技術を勉強しておくことが必要になります。もちろん、トリマー自体には、認定試験を受けなくてもなれますが、一般的には専門学校や認定試験で箔をつけておいた方が有利です。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

コンパニオン・ドッグ・トレーナー

コンパニオン・ドッグ・トレーナーとは コンパニオン・ドッグ・トレーナーとは、家庭犬をしつけたり、 飼い主へ訓練の方法をアドバイスすることができる資格です。 犬の扱う現場では、知名度が高く取得することで、 ペット関連の仕事に就職するときに有利になります。 コンパニオン・ドッグ・トレーナーの資格を取得するには、 ヤマザキ動物看護短期大学、もしくはヤマザキ動物専門...

アニマル・ヘルス・テクニシャン

動物医療における看護師の資格。病気やケガをした動物の看護にあたるための知識と技術をもっていることを証明します。 本協会は1970年代アメリカの大学で次々新設されていた「AHT養成コース」を日本で始めて導入。いち早くライセンス制度を確立し、AHTという職種を社会的に認知されるまでに育て上げました。

愛玩動物飼養管理士

愛玩動物飼養管理士とは動物の愛護及び管理に関する法律の趣旨に基づき愛玩動物(ペット)の愛護及び適正飼養管理の普及啓発活動などを行うことのできる職業、資格である。日本愛玩動物協会の通信教育によって開催される試験に合格することで資格を得られます。

参考書籍

  • ドッグ・グルーマーズプロフェッショナル・ワークブック