資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

気象予報士の基礎知識

気象予報士とは?

気象予報士とは天気予報でもおなじみの資格でメディアで働く機会が多いことで有名ですが天気で売り上げが左右する企業や小売店でも活躍しています。合格率は4~5%前後で試験は1月と8月の年2回行われます。ビジネスに応用できる資格です。

仕事について

気象予報士のメリットはメディアや一般企業、学校など活躍できる場が広いということです。特に気象の予測が必要な建設関係の企業や太陽光発電に関する企業は資格保有者を積極的に採用する傾向にあり、資格保有者の活動できる場が年々増加している傾向にあります。また合格率が5%と非常に難易度が高く、資格保有者が少ないため就職、転職に有利であったり自分の希望する職種に就くことができます。またレジャーやマリンスポーツが趣味の方は自分で天気を予測して予定を組むこともできます。他にも気象予報士だけが入会可能な団体があり資格保有者同士の交流を深めたり気象予測関連施設の見学などのイベント参加もできるといったメリットがあります。

年収について

気象予報士は国家資格です。働く職場によっても収入は異なりますが、一般的には400万後半~600万円程度の収入になります。これは他の職業に比べると、やや高め、といえます。一方で、テレビなどメディアでの露出が多い気象予報士になると、もっと多くの金額を稼いでいます。民放のお天気キャスターとして働く場合、年収600万円程度。資格を取得し、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力なども合わせて習得できれば、年収を挙げることもできる夢のある資格です。

難易度と試験対策

気象予報士は民間の気象会社だと取得することが義務つけられてるほどの資格です。試験は1月と8月の年2回行われ、受験料は11400円ほどです。試験は学科と実技があります。学科の方は大気の力学や気象現象のほか大気全般に学んでいきます。予報は数値予報や短期から長期に渡っての予報が出ますから昔の天気図はよく見ておくようにします。実技では局地的な天気予報や台風などの問題が出ますから大型の台風が日本列島を通過したときなどの過去の記録を見るようにします。合格率が4%前後と低いためできれば通信教育などで講師にアドバイス受けながら学習すると良いでしょう。

問い合わせ
気象庁

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

サービス接遇検定

サービス接遇検定とは、あらゆる業界において必要となる接客やサービスに必要な専門知識やコミュニケーション能力を認定する資格の事を指します。ホテルやレストランなどの接客業に就く時に有効です。この検定は1級から3級まであります。

通訳案内業

通訳案内業とは、外国人に付き添って外国語で旅行案内を行うことができる資格です。報酬を受けて外国人を外国語で案内する仕事に携わる場合には、資格試験に合格した後、都道府県知事の登録を受けておく必要があります。

参考書籍

  • らくらく一発合格!
  • 気象予報士かんたん合格テキスト 〈実技編〉 (らくらく突破)
  • 気象予報士試験精選問題集(平成25年度版)