資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

サービス接遇検定の基礎知識

サービス接遇検定とは?

サービス接遇検定とは、あらゆる業界において必要となる接客やサービスに必要な専門知識やコミュニケーション能力を認定する資格の事を指します。ホテルやレストランなどの接客業に就く時に有効です。この検定は1級から3級まであります。

仕事について

サービス業ばかりではなく、多くのビジネスでは人と接することが必要になります。接客業はもちろん、売り込み営業、医療関係、介護、教師や塾講師などなど、高いコミュニケーションスキルを求められる仕事はたくさんあります。ビジネスマンにおいても、人と上手に接することができるかどうかで、ビジネスがスムーズに進むかどうかに大きな違いが出ます。コミュニケーション能力、その知識は、何をするにも基礎となるものなのです。このように、人間としての幅を広げるというところに、サービス接遇検定のメリットがあります。

年収について

この資格に合格することができても、それぞれの就職先で収入に違いがあるので、一概にはいえませんがだいたいの人が、販売関係の仕事に就かれるようです。その場合、大手のデパートでの収入は450万円から550万円といったところです。サービス接遇検定の資格をとり得られる技術と知識は、たいへん幅広いオールマイティに使えるものであり、その知識を十二分に発揮して、職場でのポジションのアップに努力してみるのもよいでしょう。

難易度と試験対策

お客様とのサービスの質を向上させるのがサービス接遇検定の資格です。サービス業界で必須の資格のためこの業界に関わる人は取得しておくといいでしょう。試験の種類は3級、2級、準1級、1級の順であります。試験日は3級と2級と1級の筆記は6月と11月。準1級は7月と12月。1級の面接が7~9月、12~2月と試験会場による異なりますがそれぞれあります。合格率は2級以上であれば50%以上ですし3級であれば70%以上ありますから独学でも取得できるレベルです。1級だけは25%の合格率で筆記と面接がありますから合格した人の体験談を読むようにしてサービス接遇の実務をしっかり行うようにします。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

気象予報士

気象予報士とは天気予報でもおなじみの資格でメディアで働く機会が多いことで有名ですが天気で売り上げが左右する企業や小売店でも活躍しています。合格率は4~5%前後で試験は1月と8月の年2回行われます。ビジネスに応用できる資格です。

通訳案内業

通訳案内業とは、外国人に付き添って外国語で旅行案内を行うことができる資格です。報酬を受けて外国人を外国語で案内する仕事に携わる場合には、資格試験に合格した後、都道府県知事の登録を受けておく必要があります。

参考書籍

  • サービス接遇検定受験ガイド1級
  • サービス接遇検定2級・準1級突破
  • DVD>サービス接遇検定準1級/1級面接合格マニュアル (<DVD>)