資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

旅行業務取扱管理者の基礎知識

旅行業務取扱管理者とは?

旅行業務取扱管理者とは、旅行業者の営業所における顧客との旅行取引の取り扱い管理能力を客観的に評価される資格です。営業所毎に最低1人以上選任することが義務付けられており、10名以上いる大規模営業所は2名以上の選任が義務付けられているので、非常に需要のある資格です。

仕事について

旅行業務取扱管理者とは旅行を取り扱う営業所ごとに最低1人以上の配置が義務付けられている責任者です。
国内の旅行を取り扱うことが可能なものと、国内、海外両方の旅行を取り扱うことが可能なものの2種類がある国家資格です。
受験資格は特に設けられていないので、誰でも受験しやすいところがメリットの1つです。
上記のように、営業所ごとに最低1人は配属する必要があるため、資格を持っていると、旅行会社や旅行代理店への就職が有利になります。
また、場合によっては資格手当として給与に上乗せされる会社もありますし、社内での管理職へのステップアップにも役立ちます。
また、旅行業務取扱管理者の資格を持っていることで、自分が旅行に行く時も役立つことが多いです。

年収について

勤務する企業によって多少の差はあるものの、資格所有者の平均年収は300万~400万円と言われています。また、この資格は他の資格と同様に、取得者に対して資格手当てが支給されることが一般的です。旅行業務に関する専門的な資格なので、旅行業務を扱うどこの企業に就職しても収入が十分に期待でき、活躍できる仕事です。

難易度と試験対策

旅行業務取扱管理者の試験は、旅行業者及び旅行業者代理業者の営業所における顧客との旅行取引の責任者になるために国家試験で合格し資格取得をめざします。試験は、年に一度、毎年9月に実施されています。合格基準は、100点満点中60点以上を取らないといけません。試験時間は120分です。試験に関しては、国内旅行業務と海外旅行業務に二種類があります。両試験を通して、観光地理の分野は特に難易度が高いです。全体的に合格率は35%前後です。試験対策としては、旅行に関する基本的なことも必要ですが、難易度が高い、地理関係も細かく見ておく必要があります。独学でおこなう人もいますが、最近では、通信講座等で重点的にまとめた教材もありますので、利用される人が多いです。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

AXESS実用検定

AXESS実用検定試験は、AXESSの操作実務能力を認定するCRS/GDS業界最大の歴史と実績のある試験です。 試験は、国内全般1級/2級/3級、国際予約1級/2級/3級の6科目があり、受験対象は旅行・航空業界などでAXESSを操作されている方や、専門学校・短大・大学・高校でAXESS操作教育を受けている学生の方となります。

旅程管理主任者

旅程管理主任者とは、ツアーコンダクターと呼ばれる資格であり、旅行者を引率して移動・宿泊・観光などの世話や案内をする資格です。資格自体は官公庁が発行している公的資格、準国家資格に当たります。こちらの資格は正確には、国内のみにおいて添乗員ができる国内旅行業務旅程管理主任者と、海外も可能な総合旅行業務旅程管理主任者の2種類があります。これらの資格を取得するために...

インターネット旅行情報士

インターネットの仕組みを理解し、インターネット上の旅行情報を効率的に検索・活用できる知識を有しているか、さらにセキュリティや基本的な接続設定の知識などエンドユーザーとしての実務能力を有しているかを認定する試験です。旅行会社社員、旅行業界を目指す学生、さらに旅行好きの一般の方々を対象とします。

参考書籍

  • 国内・総合旅行業務取扱管理者一挙合格ゼミ 改訂4版
  • 総合旅行業務取扱管理者ポイントレッスン (Shinsei license manual)
  • 観光・旅行教科書 旅行業務取扱管理者 総合・国内 テキスト&問題集