資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

調理師の基礎知識

調理師とは?

調理師とは、調理師法に基づいて都道府県知事の実施する試験に合格し調理師免許が発行され、都道府県備え付けの調理師名簿に登録される事で発効される資格をいいます。名称独占資格であり、調理師だから飲食店の開業が可能となるものではありません。

仕事について

その資格の一つにあり、人気かあるのは調理師免許です。調理師の資格を取るメリットは、食品のことを詳しく学ぶことができ、日々の自分の食生活にも取り入れることができる生活に密着した知識を得られるということ。そして将来自分でお店を持とうとしたときに絶対に必要であるのがこの資格であるということです。就職するにあたっても、この資格はかならずよい印象をあたえられるものです。この資格があるというだけで料理が上手な印象になるのです。

年収について

調理師は、一人前になって料理長や板長のレベルまで到達するまでは、決して高い収入ではありません。調理師の平均的な年収は、300万円以上400万円未満と言われています。最初は、見習いとして低い給料からスタートします。見習いのうちは収入が多いとは言えませんが、自分の腕を上げるために下積みを経験することで立派な料理人になれる可能性があるのです。料理人として認められ、成功すれば年収が1000万円を超えることもあるのです。

難易度と試験対策

試験のポイントは食文化から食品衛生学まで幅広く出題されますのでしっかり対策と勉強をして行くためにも、多くの方が調理師専門学校に通う場合が多いです。そうしますときっちり栄養学などの座学から実技までしっかりフォローしてくれますので、免許取得の最大の近道だとされています。しかし専門学校に通うことになりますとどうしても学生さんに限られてしまいますので、調理関係で実務経験が二年ある方で他の仕事をされている方や、主婦の方は通うのが難しいと思っている方も多いので、最近では自宅で学習が出来る通信講座も人気が高いです。

関連資格

きき酒師

「きき酒師」は、酒屋や料亭・レストランなどで、飲み手の希望に合った日本酒とその楽しみ方を提供するプロのことです。 きき酒師になるには、日本酒サービス協会・酒匠研究会連合会の主催する「きき酒師」認定に合格する必要があります。

ワインアドバイザー

ワインおよびアルコール飲料の輸入、販売等に従事している方で、業務経験が通算3年以上あり、現在も従事している方は、「ワインアドバイザー」の受験資格があります。ワインアドバイザーは、ワインやワイン以外の、あくまでもアルコール飲料の輸入や販売に従事している人が取れる資格です。

ビアテイスター

ビアテイスターとは、ビールの味や味わい方についてのプロフェッショナルのことです。 ビアテイスターになるためには、日本地ビール協会の主催するビアテイスター認定試験に合格し、その認定を取得する必要があります。

参考書籍

  • 調理師読本〈2013年版〉
  • 調理師教科書 調理師 一発合格テキスト&問題集
  • ひとりで学べる調理師試験 第2版