資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

会員登録はコチラ

ログインはコチラ▼

close

パスワードを忘れた場合はコチラ

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

調理師の基礎知識

調理師とは?

調理師とは、調理師法に基づいて都道府県知事の実施する試験に合格し調理師免許が発行され、都道府県備え付けの調理師名簿に登録される事で発効される資格をいいます。名称独占資格であり、調理師だから飲食店の開業が可能となるものではありません。

仕事について

現在はいろいろな資格が学校で取得することができます。いろいろな専門分野に別れて知識を学ぶことができるのです。これまでは高校を卒業してから専門学校に行って取っていた資格が高校でとれるようになったわけです。その資格の一つにあり、人気かあるのは調理師免許です。調理師の資格を取るメリットは、食品のことを詳しく学ぶことができ、日々の自分の食生活にも取り入れることができる生活に密着した知識を得られるということ。そして将来自分でお店を持とうとしたときに絶対に必要であるのがこの資格であるということです。就職するにあたっても、この資格はかならずよい印象をあたえられるものです。この資格があるというだけで料理が上手な印象になるのです。

年収について

調理師は、一人前になって料理長や板長のレベルまで到達するまでは、決して高い収入ではありません。調理師の平均的な年収は、300万円以上400万円未満と言われています。最初は、見習いとして低い給料からスタートします。見習いのうちは収入が多いとは言えませんが、自分の腕を上げるために下積みを経験することで立派な料理人になれる可能性があるのです。料理人として認められ、成功すれば年収が1000万円を超えることもあるのです。自らの料理の腕を上げることが年収につながる職業であり、苦労した下積みの経験が将来に活き、努力次第で上を目指せる仕事です。お客様のためにおいしい料理を作ることでやりがいを感じ、自分のお店を開くなどの夢を追える、将来性のある仕事です。

難易度と試験対策

男性、女性共に人気の高い調理師は、きちんと試験を合格しないと免許を取得する事が出来ないので計画をもって試験対策をする必要が出てきます。まず試験のポイントは食文化から食品衛生学まで幅広く出題されますのでしっかり対策と勉強をして行くためにも、多くの方が調理師専門学校に通う場合が多いです。そうしますときっちり栄養学などの座学から実技までしっかりフォローしてくれますので、免許取得の最大の近道だとされています。しかし専門学校に通うことになりますとどうしても学生さんに限られてしまいますので、調理関係で実務経験が二年ある方で他の仕事をされている方や、主婦の方は通うのが難しいと思っている方も多いので、最近では自宅で学習が出来る通信講座も人気が高いです。

関連資格

食品衛生責任者

食品衛生責任者とは、社団法人食品衛生協会が運営する資格で、飲食店、喫茶店などの調理営業や、乳類、魚介類、食肉などの販売業等に必要な資格です。一日6時間の講習を受ければ即日取得できるため、飲食店に従事する多くの人が保有しています。

食品衛生管理者

食品衛生管理者とは食品衛生法の規定により食品の加工や製造の業種に配置が義務付けられた国家資格です。 資格者は医師などのほか、大学等において医学等を修了して卒業した者、厚生労働大臣が指定する養成施設の課程を修了した者とされています。

フードコーディネーター

”フードコーディネーター”とは、食に関するビジネスの中で特定の分野に精通しつつも、商品企画、販売促進、宣伝など複合的にプロデュースする職業のことです。特定の明確な資格はないが、資格としてはNPO法人日本フードコーディネーター協会が1級~3級までを発行している。

参考書籍

  • 調理師読本〈2013年版〉
  • 調理師教科書 調理師 一発合格テキスト&問題集
  • ひとりで学べる調理師試験 第2版