資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

家庭料理技能検定の基礎知識

家庭料理技能検定とは?

家庭料理技能検定とは通称「料検」と呼ばれ、家庭料理に栄養学と料理学を組み合わせた、家族の健康を料理の観点から考える実践的な能力の認定資格です。料理や食材、調理技術などについて正しく学ぶことを目的にしています

仕事について

栄養過多の過程が少なくなり健康な子供が育つ、家庭料理技能検定はそういったメリットを与えてくれます。毎日の食生活に気を付けることはとてもむずかしいことです。ですが気を抜いているとすぐに偏りが出てしまい、健康に害を及ぼす可能性があります。私たちが健康でいるために、家庭で健康な生活を考えるために、この検定はとても有効にはたらきます。

年収について

家庭料理技能検定は複数の級に分かれており、より上の級の検定に合格するほど、良い収入が見込めるようになります。女性に人気の資格ですが、男性にも人気があります。1級を持っていると料理教室の講師になりやすくなります。料理教室で働いている人の平均年収は450万円くらいです。また、自分で教室を開くことも出来、努力しだいでは収入を増やせる可能性は高くなります。そのほか、家庭料理技能検定の資格は、介護職や養護施設で働く人にも人気があり、これらの仕事をする際に手当てとして給料に上乗せされるケースもあります。この場合の年収は平均300万円程度ですが、資格を持っていることでより高い年収が期待できます。

難易度と試験対策

家庭料理技能検定は4級から1級までレベルが段階的にある試験です。試験内容は、実技試験と筆記試験とに分かれています。実技試験は、包丁の腕前を見せる基礎実技と指示された料理を作る指定料理を作ります。どのような料理を作るのかは前もって公表されているので、試験対策としては十分に家で練習をしておけば、本番になっても慌てません。筆記試験の方の試験対策には、家庭料理技能検定のテキストが数種類発売されていますので、それらの書籍を購入して過去に出題された問題を解く練習をしておいた方がいいです。この試験は、実技練習や過去問などにいかに時間をかけて準備してきたかが合格の鍵となります。実技、筆記共に7割出来れば合格となります。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

ふぐ調理師

ふぐ調理師とは、ふぐ条例に基づき都道府県知事が行うふぐ調理師試験において免許を取得した者である。有資格者以外はその業務を行えない業務独占資格である。都道府県によっては、ふぐ包丁師、ふぐ取扱者、ふぐ処理師、ふぐ調理士、ふぐ取扱登録者、ふぐ調理者ともいわれる。国家資格ではない。

管理栄養士

管理栄養士とは、傷病者に対する療養のため必要な栄養の指導など高度の専門的知識および技術などを評価される資格です。国家資格となっており、病院・福祉施設・学校・行政など幅広い職種で高いニーズのある資格です。

フードコーディネーター

”フードコーディネーター”とは、食に関するビジネスの中で特定の分野に精通しつつも、商品企画、販売促進、宣伝など複合的にプロデュースする職業のことです。資格としてはNPO法人日本フードコーディネーター協会が1級~3級までを発行している。

参考書籍

  • 家庭料理技能検定テキスト―4級・3級実技と筆記試験対策
  • 家庭料理技能検定過去問題集〈2013〉
  • 家庭料理技能検定に合格できちゃうクッキング本