資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

海外営業の基礎知識

海外営業とは?

海外営業は日本国外で営業活動を行うことを意味します。海外といっても外国企業だけではなく、日系企業の海外現法に営業をかけることもあります。ですが、常に日本人相手に営業できるわけではないため、ビジネスレベルの語学力と現地の商習慣に関する知識が必要となります。

海外営業は日本国内のみならず海外で活躍する機会を与えられる職と言えるでしょう。語学や営業力などのスキルが必要となりますが、それ以外に環境への順応性が重要です。海外で働く場合、日本国内でのやり方が通用せず、その国独自のしきたりや方法に従って物事を処理する事が求められます。また現地語でのコミュニケーションも必要となり、文化と言葉の違いを乗り越えなければなりません。このような理由からより高いスキルが求められる職種であり、他の職種より高い年収が見込まれる傾向にあります。難しい対応を求められる分挑戦しがいがあり、充実感も期待できます。海外に抵抗のない方や経験者にはもってこいの職種であることは間違いありません。

海外営業とは、日本の取り扱い製品を海外の顧客や企業にアピールし、セールス活動をする仕事です。主に公用語として英語が使われるため、ビジネス英語に長けている人に向いている仕事です。取り扱い製品のプレゼンテーションを行って、その結果で契約に結びつけるので、プレゼンテーション能力が必要とされます。また、現地の情報を先入観で捉えず、客観的に判断し分析する力も欠かすことのできない仕事と言えます。年収は、正社員で400万〜700万円という実例があります。

参考書籍

  • 海外勤務を命じられたら読む本
  • 営業の魔法―この魔法を手にした者は必ず成功する
  • 小さな会社でもできる海外取引ガイドブック