資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

会員登録はコチラ

ログインはコチラ▼

close

パスワードを忘れた場合はコチラ

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

シューフィッターの基礎知識

シューフィッターとは?

シューフィッターとは足と靴と健康協議会が養成と認定している資格で全国で3,000名以上の保有者がいます。
靴販売店などに勤務して、足の疾病を防ぐためにぴったりな靴を合わせるための資格でグレードごとに三段階に分かれています。

仕事について

シューフィッターは、靴の販売などに際して、靴の選び方や正しい歩行の方法について指導することができる資格です。資格者は、人の足の形や歩き方の個性に合わせた靴選びや靴の調整を行うことができます。シューフィッターの資格を取得するメリットは、多くの靴の販売店やメーカーから求人の需要があることです。靴は万人が利用する衣料雑貨です。そのため、靴には大きな市場があり、多くの販売店が存在しています。そうした靴の販売に関わる業界では、この資格者のような足と靴に対しての専門的な知識を持つ人材が求められています。靴の製造や販売など、靴に関わる仕事を目指している人にとっては、この資格は取得すべき有利なものであると言えます。

年収について

シューフィッターは、個人の人の足の形はそれぞれですのでその人にあった靴のアドバイスをし、販売することができる仕事です。シューフィッターの資格は足や靴について勉強することでとれるものです。3年間の更新性の資格です。仕事は百貨店や靴専門店などいろいろです。働く場所によって収入は違いますが、百貨店で平均は800万くらい、靴メーカーはでは500万くらいです。場所によって違いますが、資格があれば手当てがつくなど優遇されることも多々あります。新しく靴を買って靴擦れや外反母趾など足に関する悩みを持っている人はたくさんいます。そんなお客様にアドバイスができ、歩きやすい靴、その人にあった靴を見つけて、購入の手助けができるやりがいのある仕事です。

難易度と試験対策

シューフィッター検定試験とは、その人に合った正しい靴を選んで販売する人の為の検定試験です。ランクはプライマリー(初級)とバチェラー(上級)に分かれていて、バチェラーを受験するにはプライマリーを取得しておく必要があります。プライマリーの試験内容は、3日間の講習を受け、最後の小テストと在宅課題の提出があります。バチェラーの試験にも9日間の講習があり、最後の日に実技試験と認定試験があり、在宅課題の提出も行います。試験対策は、合格した先輩の話をよく聞いてアドバイスをもらうことと、シューフィッター関連の書籍を普段からよく読んでおくことです。講習会の内容をしっかり聞いて、自宅に帰ったらすぐに復習してノートにまとめておくといいです。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

管理美容師

管理美容師とは、店舗に一人は必ずいる衛生面や他にも様々なことを管理している人のことです。管理美容師は、資格が必要なので誰でもなれるわけではありません。管理美容師になるには、国家資格を受け認定されなくてはなりません。衛生や経営の知識を身につけた人だけがなることができるのです。

ファッションコーディネート色彩能力検定

色彩検定とは、公益社団法人色彩検定協会(旧:社団法人全国服飾教育者連合会)(略称はA・F・T)が実施する色に関する知識や技能を問う試験であり、1級から3級までの3段階に分かれている。1990年11月に「ファッションカラーコーディネーター検定試験」として始まり、「ファッションコーディネート色彩能力検定」と名称を変更した後、2006年度からは「色彩検定®」として実施されている...

ファッションビジネス能力検定

ファッションビジネス能力検定とは、(財)日本ファッション教育振興協会によるファッションビジネスに関する造形的知識、技術、また実務までの能力を評価するための検定試験のことです。ファッションビジネス能力検定は上位から1級、2級、3級の3段階のレベルで構成されています。ファッションビジネスに携わる人間としての基本的な知識を身に付けているか問われる3級、ファッションビジ...

参考書籍

  • 上級シューフィッターが教える靴選びで健康になる本
  • 足と靴とインソールのお話