資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

校正技能検定の基礎知識

校正技能検定とは?

校正技能検定とは、書籍や資料の文章を誤字・脱字・不備が無いよう整える、校正作業の知識や技能を認定する検定の事です。試験は日本エディタースクールの主催・実施の元行われ、初級・中級・上級と三段階あります。現在まで中級合格者は4000人程度、上級合格者は500人程度と、難易度が高い分、実用的な資格です。

仕事について

この検定の4級以上を持っていると、出版社や新聞社への就職に有利になることがメリットの一つです。
実際に出版社の求人などでも、経験者か校正技能検定4級以上の方、という募集は多々あります。
また、この資格を取得し、フリーランスの校正士になる方もいます。フリーランスの場合、在宅で好きな時間に仕事に取りかかれるというメリットがあるため、子持ちの主婦の方にこの資格取得を目指す方も多いです。フリーランスを目指す場合は、3級を取得するのがベストです。また、出版業界だけでなく、検定を受験するために得た技術は、一般企業でも大いに役立ちます。

年収について

主な就職先は校正専門の会社、編集プロダクション、出版社、新聞社のような校正者として、校正や印刷、デザインの知識を活かせる職場です。雇用形態も正社員、アルバイト、契約社員などさまざまなので、自分の状況に合わせて、資格を活かしながら働くことができます。経験を積んでから独立し、フリーで活躍することも可能です。収入は仕事量に応じて決まっており、1文字当たり2円程度です。時給に換算すると経験にもよりますが、1000円~3000円くらいなので、他の職業と比較しても高めです。大手出版社に勤務する、多くの経験を積んで信頼を得る、上位の級を取得すると収入アップが期待できます。

難易度と試験対策

校正技能検定は、日本エディタースクールが主催する検定試験です。校正技能検定に合格すれば、出版界への就職の足がかりや、文書作成や文書チェックするような一般企業の業務にも役に立ちます。この検定試験は、初級、中級、上級の3段階にレベルが分かれていて、初級は指定の教育機関において指定単位科目を修得すれば認定されます。中級からは、実技と学科の試験が行われます。中級は年に2回、上級は中級合格者のみ受験資格があり、年1回行われます。試験対策は、校正検定訓練の講座を受講するのが一番効果的ですが、自宅学習をするのであれば、専用の問題集を購入するか通信講座を利用するといいと思います。いずれの方法でも何度も繰り返し校正の訓練をするのが、合格への近道です。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

日本漢字能力検定

日本漢字能力検定とは一般に漢字検定、または漢検と呼ばれる漢字能力に関する検定であり、高校受験や大学受験の際に年齢に適した級を取得していることにより受験に有利になったり、履歴書にも書くことができるので漢字能力が必要な職業であれば有利になったりします。

音楽技能検定

財団法人 音楽文化創造が行うこの音楽検定制度は、幅広く音楽を愛好している皆様が自分の音楽的な感性や、音楽能力、音楽知識等について一定の基準に基づいた評価を受け、学習の指針として活用していただけることを願って実施されるもの。

話しことば検定

話しことば検定とは自分の考えていることや思いを正確に伝えることのできる話しことばを自分のものとし、コミュニケーション力を高めて、美しい日本語の継承、正しく豊かな話しことばを広めていくことまで含め、日本語での話しことばの力を高めていく一助となるものです。 また、社会人として身に着けたい知性・的確な表現力を証明できる資格でもあります。