資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

会員登録はコチラ

ログインはコチラ▼

close

パスワードを忘れた場合はコチラ

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

歴史能力検定の基礎知識

歴史能力検定とは?

歴史能力検定とは歴史能力検定協会が実施している検定試験です。1級から5級まであり、3級以上は日本史と世界史に分かれます。歴史に対する知識を深めることによって現代における判断力を深める目的があり、2級以上の合格者には高卒程度認定試験や通訳ガイド試験の受験科目一部免除などの特典があります。

仕事について

歴史能力検定は1級から5級まであり、3級以上は日本史と世界史に分かれて歴史の知識や洞察力を養う検定試験です。2級以上合格すると高等学校卒業程度認定試験や通訳案内士試験の一部受験科目が免除となったり、高校や大学の推薦入試を受ける際などで評価の対象となるというメリットがあります。
そしてなにより、歴史を学ぶことによって現代社会における問題や事象のルーツを知ることができというのは大きなメリットです。それによってニュースの意味や背景への理解を深めたり、世界の人々との交流を深めたり、身の回りの暮らしの中に息づく我々の先祖が残してきた営みを知ることができます。歴史への理解を深めるということは、我々の生活により深みを与えるものなのです。

年収について

歴史能力検定という、資格があることをご存じでしょうか。漢検や英検と同じようなもので、どれだけ歴史について詳しく知っているかというのがポイントです。受験するには手数料がかかり、合格するためには中学校や高校で習った知識だけでは全く足りないため、図書館などで歴史についてかなり詳しく書かれている本を使う必要があります。この資格を持っているだけでお金を得ることはできませんが、能力検定を、検定する側になることができれば、この資格をもとにした収入を得ることができ、その金額は一年間で600万円ほどです。もしも歴史が大好きで大変に興味を持っている方がいましたら、趣味で収入を得ることができる仕事ですので検定を受けてみてください。

難易度と試験対策

歴史能力検定は1級から5級まであり、3級以上は日本史と世界史に分かれるのでそれぞれを選んで受験することができます。
小学校で学習する程度の内容を問う5級から専門的な知識を問う1級まで幅広く選ぶことができますが、いずれも教科書で学ぶような内容が多く出されるため、試験対策としてはまず各レベルに応じて学校の教科書をきちんと読むことが大切です。学生の場合は受験勉強をしているうちまたは受験後などに受けた方がよく覚えているでしょう。
また教科書の内容だけでなく時事問題なども多く出題されるので、ニュースなどもしっかりチェックしておきましょう。
解答方法も3級までは選択式ですが、2級以上になると記述問題、1級は記述だけでなく論述問題も出題されるので特に2級以上は記述・論述試験対策も必要です。

問い合わせ
歴史能力検定協会

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

エスペラント検定

エスペラント語は1887年、中立公平で学びやすい国際共通語として考案された言語である。日本エスペラント学会は、日本でエスペラント語を学ぶ人が、自分のエスペラント語力を把握できるように、エスペラント学力検定試験を実施している。レベルはエスペラント検定1級~4級まである。

現代用語能力検定

現代用語能力検定-現検 とは、さまざまな出来事が目まぐるしく起こって、日々移り変わっている現代、入試、就活、資格試験の必修項目であり、一般社会人に欠かせない「現代社会」の時事能力、知識力を総合的に判定する検定。情報過多と言われる昨今、その情報を的確に把握し判断するために、都度登場する単語やキーワードをしっかりと認知し、その言葉のもつ意味を知るための能力が問...

旅行地理検定

旅行地理検定とは、旅行地理検定協会が開催している試験で、2013年6月時点ですとのべ21万人が受検しています。最難関の1級は合格率が1桁になる大変難易度が高い試験です。 地理や旅行が好きな人の受検が多く、旅行に関しての知識資格である事から、旅行業界・地図業界への就職に役立ちます。

参考書籍

  • 歴史能力検定協会公認/山川出版社監修 歴検DS
  • 歴史能力検定1級 日本史過去問集〈Part2〉
  • 歴史能力検定2級 日本史過去問集 解答・解説